SNSでよく使う英語のスラング20選

Pocket はてブ

「オウノーウ!汚い言葉使っちゃダメですヨ~~」ネイティブ含め、学校の先生はとにかくスラングや汚い言葉を聞くのがダイキライ。焚書坑儒、魔女狩りよろしく、そんな言葉を耳にしたら即座に「言論弾圧」しちゃいます。

かく言う筆者は、そんな「言論弾圧」を最も受けた学生の一人でありましたが…。ただ、やっぱりスラングってのは、若者同士では非常によく使われます。

 

若者同士で仲良くなるための共通言語、必須アイテムと言っても過言ではありません。というワケで、FacebookやTwitterなど、各種SNSでよく使われるスラングを一挙ご紹介。これでアナタも、SNSで外国人と友達になること間違いなしです。それでは、Check It Out!!!

*編集部追記(2016/04/05)
2015年に公開した記事に新たに加筆しました。

 

ASAP

「今すぐに」という意味です。”as soon as possible”の頭文字をとって作られました。

例文:”I’ll do that ASAP”(今すぐそれやるよ)

 

brb

「すぐ戻る」という意味です。”be right back”の頭文字をとって作られました。Skypeのチャットやオンラインゲームのチャットなどでよく使われます。

b/c

whiteboard-849810_1920

photo by pixabay

「b/c」はbecauseの意味です。「なぜなら…」会話では欠かせない表現ですね。同様の意味の略語に「cuz 」「coz」もあります。こちらは音を当てた形となります。

 

lol

笑いを表すネットスラングです。日本語でいうところの「www」にあたるでしょうか。

爆笑を表現するためか、「looooooooooool」とアレンジしちゃう人がYouTubeのコメント欄などで散見されます。ちょっと幼稚な気もするので、普通に「lol」を使いましょう。

 

kmt

sisters-984997_1920

photo by pixabay

「kmt」これは「Kiss My Teeth」つまり、「きもい!」という意味になります。スペルもなぜか「きもい」を連想させてくれますね。Twitterでよく使われる表現です。

 

kkk

これもlolと同じく、笑いを表現するスラングです。たぶん「ククク」という笑いを、「k」の音で表しているのでしょう。

韓国の人がよく使うイメージがあります。また、韓国好きな「非韓国人」も、この表現を使う傾向にあります。きっと韓国の人とチャットしているうちにうつっちゃったのでしょう。

 

kewl

person-918986_1920

 photo by pixabay

「kewl」これは略語ではありませんが、coolの意味を表します。どちらかというと音にあてたようですね。

 

wtf

「なんじゃこりゃ」という意味です。『太陽にほえろ!』の例の名シーンを思い浮かべてみてくださいな。

「なんだよそれww」と、「…なんだよそれ…(イライラ)」という2つのニュアンスがあります。友達同士で使う際は、前者の方が多くなるでしょう。

 

cuz

「なぜなら」という意味です。becauseという語を略した’causeと似てる音ということで、生誕しました。because→’cause→cuzという感じですね。全く同じ意味で、cozという語も使われます。

 

OIC

photographer-1210215_1920

photo by pixabay

「OIC」は読んでみるとわかるのですが、「オーアイシー」その発音通りです。Oh, I seeを表します。「なるほど」という意味になります。

 

btw

“by the way”の頭文字をとったスラングで、「ところで」という意味です。文頭でも文末でも、使うときはどっちに入れてもOK。

 

CUL/またね

「CUL」はSee You Laterの意味です。「C」は「SEE」、「U」は「YOU」ですね。あとは「LATER」の「L」です。「じゃあまたね」といった意味になります。

 

dunno

4541195635_41249924f6_z

Photo by Matthew Hutchinson

「分からない」って意味です。”I don’t know”→”don’t know”→”dunno”という成り立ちでございます。先にご紹介した、cuzを彷彿とさせますね。

r

これまた、音から成立したネットスラングです。be動詞の”are”を表します。

 

u

これも、先ほど紹介した”r”と同じ。人称代名詞である”you”を表します。

1 2
Pocket はてブ

WRITER

TAKE
TAKE
ITベンチャー勤務、フリーランスの翻訳家。大学入学後、独学で英語を学び、英語圏の国に行くことなく英会話のスキルを身に付ける。留学やスクールに行かなくても、大金を払わずとも英語を話すことは可能だと信…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

FEATURED特集

特集一覧へ

RANKINGカテゴリーランキング

5月のおすすめ