国連が警告!気温が2℃上昇すると東京・ニューヨーク・ロンドンが沈む事が判明しました

Pocket はてブ

地球温暖化問題が叫ばれるようになって、しばらく経ちます。しかし、毎日生活する上でそんなの実感しないし、他人事。なんて人も少なくはないでしょう。でも、自分の街が沈む…今までに訪れたあの思い出の場所が海に消える…そんなことが発覚したら、どうしますか?

アメリカの研究団体Climate Centralが発表した研究結果に基づいて、具体的に見ていきましょう。

 

え、それっていつ始まるの?

6926757627_324d518da0_b

Photo by remcovandermeer

その時期を予測するのは大変難しいそうですが、現在の気温の上昇に伴う海面の上昇の推移をみると、200年後にはじまり、浸水はおよそ数世紀、あるいは2,000年間続くと言われています。

 

200年後なんて、遠い話、だって生きてないでしょ?そう思ったそこのあなた!200年ってそう遠くはないのですよ!

ざっくり予想してみると、これを読んでいるあなたの孫が、おじいちゃん、おばあちゃんになったころ。なんとなく、現実味を帯びてきませんか?

 

日本も沈んでしまうの!?

7241912330_97ee777c12_b

Photo by Guwashi999

日本はご存知の通り海に囲まれた島国なので、多くの海に面した街は水没してしまうでしょう。

シュミレーションしてみるとよくわかりますが、2度の上昇でも、東京・大阪・名古屋といった大都市は、海の下…との予想がされています。

このような大都市が海の下へと消えてしまったら、果たして日本は機能できるのでしょうか…?

 

世界で水没する都市は?

世界に目を向ければ、水没してしまうことが予想される都市はもっとたくさんあります。

例えば…

・ダーバン(南アフリカ)
・ロンドン(イギリス)
・ムンバイ (インド)
・ニューヨーク (アメリカ)
・リオデジャネイロ (ブラジル)
・上海 (中国)
・シドニー (オーストラリア)

写真をみると衝撃がより伝わってくるものですが、中でもロンドンのビッグベンの半分が水に浸かってしまうのには、本当にびっくりです。

また、壊滅的な影響を受ける10ヶ所の大都市のうち、上海、天津、香港、台州という4都市が中国にあるため、中国が最も影響を受けるともされています。

 

どのくらいの人々が住む場所を失ってしまうのか?

5583594518_9b37a6377a_b

Photo by Alex Bellink

アメリカの気候研究機関クライメート・セントラルが発表した論文によると、気温が2度上昇すれば、現在2.8億人の住む土地が水の下に没することになると言われています。

1 2
Pocket はてブ

WRITER

彩愛
彩愛
旅で人生にトキメキを!
外資系客室乗務員として欧州と日本を往復しながら東京に暮らす。 18歳で初めて一人で海外へ行ったのを皮切りに、留学、インターン、世界一周と人生が旅に染まっていった。CAになる夢を叶えた今もバックパ…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

RANKINGカテゴリーランキング

世界遺産や絶景まとめ

FEATURED特集

特集一覧へ