タイ基本情報

タイの治安は?物価は?タイ旅行の基本情報まとめ

タイ基本情報
Pocket はてブ

微笑みの国タイ。素晴らしい仏教寺院や美味しい食べ物、マッサージなど私たちを虜にする魅力的な観光地ですよね。でもタイってビザは必要?スマホはそのままで充電できる?今回はタイ旅行の前に知りたい10個の基本情報をお伝えします!

 

物価

日本に比べて物価はだいぶ安いです。食事やマッサージなどかなりリーズナブルです。しかし高級ホテル内の料金は日本同等もしくはそれ以上になります。

 

治安

治安は悪くありませんが、夜間の一人歩きなどはおすすめしません。また、路地裏など人が少ない道を歩くのも避けましょう。

また、治安は悪くないといっても日本人観光客がスリや置き引きなどで狙われることは日常茶飯事です。タクシーやトゥクトゥクなどの移動手段の料金トラブルも多々あるので気を付けましょう。

 

気候・服装・旅行シーズン

タイのほぼ全体がモンスーン熱帯気候なので一年中夏服でOK。しかし、車内・レストラン・ホテルなどは冷房で肌寒い場合があるので、必ず羽織るものは持参を。また、寺院観光ではタンクトップやミニスカートなど肌を露出している服装では入場は禁止なので注意しましょう。

なおタイでは暑季(3月~5月)、雨季(6月~10月)、乾季(11月~2月)に分かれますが、一般的なベストシーズンは乾季となる11月〜2月です。

 

通貨

通貨はバーツ。2016年11月現在、1バーツ=3.12円。両替は日本でするより現地の方がレートが良い場合が多いです。空港、銀行、一部ホテル、街中の両替所で両替可能。

両替所によってはレートの違いや手数料のあり・なしがあるので良く確認して両替をしましょう。

 

ビザ

日本国籍であればビザ(査証)は不要。パスポートの残存期間は入国時6ヶ月以上必要になります。その他に30日以内の観光目的であること、タイを出国する航空券を所持していることが条件です。

 

コンセント

主流は220Vで一部110Vが混在しています。110V用コンセントの場合は日本と同じA型ですが、220Vはヨーロッパと同じCまたはSE型です。

220Vの場合、変圧器内蔵型ではない日本製品なら変圧器が必要。かつ、CまたはSE型の場合は日本のプラグでは利用できないので、変換アダプターも必要になります。

 

インターネット

街中には無料wifiがあるカフェやお店が多いです。IDやパスワードが分からない場合はスタッフに聞けば教えてくれますよ。ホテルもwifiがあるところがほとんどですが、高級ホテルでは有料な傾向が多いので、予約の際に確認しましょう。

1 2
Pocket はてブ

WRITER

Yuki
Yuki
旅が好きで旅行会社に入り、それまで国内派だったのに海外旅行課に配属され海外にハマる。 会社に入るまで2ヵ国しか行った事がなかったのに、いつの間にか35ヵ国以上訪れる事に。もちろん並行して国内旅行…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

FEATURED特集

特集一覧へ

RANKINGカテゴリーランキング

タイのおすすめ観光スポット・旅行情報一覧