バンコク観光に欠かせない!交通手段のメリットデメリットまとめ

Pocket はてブ

世界中から多くの人が訪れる大人気観光地タイのバンコク。LCCの就航も多く、世界一周しているバックパッカーも必ずと言っていいほど訪問しているのではないでしょうか?

そんなバンコク観光に欠かせない移動手段は様々。バス、メトロ、トゥクトゥク…今回はそれぞれのメリットデメリットをまとめてみました。

 

BTS(高架地下鉄)

BTS_train (1)

photo by cinz

地元住民の通勤通学に多く利用されているBTS。スワンナプーム国際空港からのエアポート・レール・リンクの終着地「パヤタイ駅」からも接続されており、観光客にも便利で大人気です。

タイ語と英語2ヶ国語でのアナウンスに加え、BTS内のモニタや電子路線表が停車駅を案内してくれるので初めてでも安心できます。

観光地としても名高い商業施設「Terminal21」へ行く場合、このBTSを利用すると便利です。

<メリット>

・発車時刻、所要時間が決まっているので無駄な時間がかからない。
・ワンデイパスがあるので、移動のパターンによってはかなりお得。

<デメリット>

・運行時間が決まっているので深夜早朝には利用できない。
・駅近で無いと不便。

 

MRT(地下鉄)

bankokmetro

Photo by PlusMinus

こちらもBTSと同じく、エアポート・レール・リンクの「マッカサン駅」から接続がある地下鉄MRT。

いくつかの駅がBTSともリンクしており、トークンと呼ばれるコイン型の乗車券がこの地下鉄のワクワクポイントでもあります。

 

停車駅の1つ、国鉄バンコク中央駅のフアランポーン駅は、バンコク最大で最古の駅。ホーム・コンコースともに壮大で魅力的なので、観光として駅へ行ってみるのもおススメです!

<メリット>

・セキュリティチェックが行われているので地下鉄でも安心安全。
・MRTとのリンクもあるので、乗り換えからでも利用できる。

<デメリット>

・運行時間が決まっているので深夜早朝には利用できない。
・駅近でないと不便。

 

市バス

201510041 016

photo by peco

バンコク市内を巡るバスは、各バス停から乗車できます。

自分の乗りたいバス番号を見つけたら(車体前面と横に数字で記載されています)、腕を肩から少し上に伸ばして合図し、停車後に乗り込みます。

 

乗車すると車掌さんが個々に料金徴収しに回ってくれるので、規定の金額を渡します。地域とバスの種類によって様々ですが、他の交通機関に比べて半額以下の場合がほとんどです。

バンコクでお馴染みのカオサンロードへ行く場合は53番のバスが便利です。

<メリット>

・数ある交通手段の中で最も安い金額で移動出来る。
・大きな窓のある車体で町を巡るので、移動しながら街を見渡せる。

<デメリット>

・バスの時間が決まっておらず、下調べ無しではどのバスに乗るべきか分からない。
・バス停ポイントを回りながら移動するので時間がかかる。

1 2
Pocket はてブ

WRITER

ペコちゃぁん
松井佑有
初海外のオーストラリアで1年間のワーホリ後、そのまま東回りで世界一周の旅に出た直感系女子ペコちゃぁんです。 夢は日本の食と文化を継承する食育空間プロデューサー。 青い空と海、美味しいものを食べ…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

FEATURED特集

特集一覧へ

RANKINGカテゴリーランキング

タイのおすすめ観光スポット・旅行情報一覧