アメリカ旅行で使うチップの常識

Pocket はてブ

日本では馴染の無い“チップ”という仕組み。

海外旅行に行くときは、その国にチップが必要かは確認しておきたいところですよね。

でも旅行に行き慣れていない方だと、実際どんな場所やシュチュエーションで支払えば良いのか、いくら支払えば良いのか、分からないことも多いのではないでしょうか。

国によってチップの常識は違うのですが、今回はアメリカでのチップについてご紹介していきたいと思います。

 

1.チップの意味

アメリカにおいてチップは感謝の気持ちを伝える“心づけ”。チップはサービスを受けた場合には支払う必要があります。

チップを受け取る職業の人は、あらかじめチップを貰うことを前提として給料を低く設定されていますので、チップの額は大切な収入源であり、無ければ死活問題となってしまいます。

 

日本ではあまり馴染みがない仕組みなので損をしてしまうような気持ちになることもあるかもしれません。

しかし、チップが無い国では利用料金にあらかじめサービス料が組み込まれていますので、どちらも支払っているという点では同じことなのです。

 

2.英語でチップはどう書かれている?

1558028493_af2f1d2eff_b

photo by bea&txm

日本ではTIP(チップ)と言われることが多いですが、アメリカではGRATUITY(グラチュイティー)と表記されることの方が一般的です。

メニュー表などに「GRATUITY NOT INCLUDED(サービス料金は含まれていません)」の表記がある場合は、別途必要だということですので忘れないように支払いましょう。

それ以外にも、SERVICE CHARGE(サービスチャージ)と表記されていることもあります。

 

これらの文字が書いてある場所では、チップが含まれているのかいないのかをしっかりと確認して、払い忘れがないように気をつけてくださいね。

 

3.チップの金額と支払う場面

チップを支払う対象が誰かがイマイチよく分からないことが多いかと思いますが、ここでは旅行をした際に関わることが多い場所でのチップの金額と支払い方をご紹介します。

 

タクシー

利用料金の15~20%程度を目安に、お会計と一緒に支払います。

荷物を運んでもらう場合は、1つの荷物につき1ドルと考えてその金額に加算。端数が出るようなら少し多めでキリの良い数字で支払うのが一般的です。

 

レストラン

・朝食とランチは税金を除く会計金額の15%程度、ディナーでは20%程度、超高級レストランでは25%程度の料金をお会計の時に支払います。

クーポンや割引券を使う場合は、割引前の合計金額からチップの金額を計算します。

チップは心づけの意味がありますので、とっても満足した場合は多めに支払い、満足できなかった場合でも最低でも10%は置くようにします。

お会計の際、日本では伝票をレジに持って行って清算しますが、アメリカのレストランではテーブルで清算するのが一般的です。

<現金で支払う場合>

1 2
Pocket はてブ

WRITER

鈴木夏樹
鈴木夏樹
毎週末、夫と3歳になる娘と一緒にどこかに出かけています♪連休が取れたら必ず旅行!というくらいの旅行好き♡海外旅行には最近行けていませんが、旅行情報を見ているだけでも楽しくなっちゃいます♪

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

FEATURED特集

特集一覧へ

RANKINGカテゴリーランキング

お金