マイアミ

アメリカ東海岸のオススメ観光都市10選

マイアミ
Pocket はてブ

皆さんは、アメリカの東海岸の都市と言えば、どこを思い浮かべますか?広大な国土を持つアメリカには、それぞれの魅力を持った地域や都市が数多く存在します。

東海岸には、サンフランシスコやカリフォルニアで有名な西海岸とは全く違う、独特の魅力を持つ都市がたくさんあります。今回の記事では、そんな広大なアメリカ東海岸にある都市の魅力にスポットを当ててまとめてみました。

編集部追記
*2016年9月に公開された記事に追記しました。(2017/08/05)

 

1.ニューヨーク

ニューヨーク

photo by pixta

アメリカの大都市といえば、このニューヨークは外せません。自由の女神やタイムズスクエア、ブロードウェイにセントラルパークと、世界的に有名な観光スポットが集結しています。

その他にも、世界中の美術品が集まるメトロポリタン美術館や、有名シェフがいる五つ星レストランなど、見たいものがたくさんありすぎるくらいです。時間を忘れるほど思いっきり楽しめる。それこそが、世界都市・ニューヨークです。

 

人気の観光名所1:エンパイア・ステート・ビル

photo by pixta

ニューヨークのシンボルのひとつ、エンパイア・ステート・ビル。建設当時は世界一の高さであった443mの超高層ビルです。86階と102階には展望台があり、マンハッタンの摩天楼を360度見渡すことができます。

営業時間は深夜2時までで、ニューヨークの夜景を見るならエンパイア・ステート・ビルは本当におすすめです。毎年350万人という多くの観光客が訪れる、ニューヨーク観光で欠かせないスポットでしょう。

■詳細情報
・名称:エンパイア・ステート・ビル
・住所:350 5th Ave, New York, NY 10118
・アクセス:地下鉄34 St/Herald Square駅から徒歩約4分
・マップ:

・営業時間:08:00~26:00
・定休日:年中無休
・料金:86階展望台 大人34ドル、こども27ドル、シニア31ドル
86階+102階 大人54ドル、こども47ドル、シニア51ドルほか
・公式サイトURL:http://www.esbnyc.com/ja

 

人気の観光名所2:ブルックリン橋

photo by pixta

マンハッタンとブルックリンを繋ぐブルックリン橋は、映画やドラマの撮影でよく使われることが多い、ニューヨーク一有名な橋です。周りの景色を堪能し、風を浴びながら散策することができます。

中でも人気なのが橋からニューヨークの街並みの写真を撮ること。テレビや雑誌などでよく見かける「これぞニューヨーク」といった写真が撮れることから、散策や写真撮影に来る人が後を絶ちません。夜景の名所としても知られています。

■詳細情報
・名称:ブルックリン橋
・住所:Brooklyn Bridge, New York, NY 10038
・アクセス:地下鉄High Street-Brooklyn Bridge駅から徒歩約3分(ブルックリン側)
・マップ:

・料金:無料
・公式サイトURL:http://www.nyc.gov/html/dot/html/infrastructure/brooklyn-bridge.shtml

 

2.ボストン

ボストン

photo by pixta

ボストンといえば、世界的に有名なハーバード大学やマサチューセッツ工科大学などがあり、また、アメリカの都市の中でも長い歴史を持つ街の1つとして知られています。ボストンに行ったなら、ぜひ「フリーダムトレイル」を利用して史跡を巡利をしてみてください。

ボストンコモンからバンカーヒル記念塔まで続く「フリーダムトレイル」を辿っていくと、ボストンの歴史に関わるスポットを周ることができます。

 

人気の観光名所1:ボストン美術館

photo by pixta

敷地内が広く、全米でもっとも有名な美術館であるボストン美術館。所蔵数は50万点を越え、一度では回りきれないほどです。中でもエジプトや東洋美術、モネなどのヨーロッパの印象派の作品などが多く展示されています。

また、ボストン美術館は日本の作品が数多くあることでも有名です。敷地内にある小さな日本庭園・天心園は、20世紀初期にボストン美術館で勤務していた岡倉天心によって造られました。こちらも要チェックです。

■詳細情報
・名称:ボストン美術館 (Museum of Fine Arts Boston)
・住所:465 Huntington Ave, Boston, MA 02115
・アクセス:地下鉄MUSEUM OF FINE ARTS駅から徒歩約2分
・マップ:

・営業時間:10:00~17:00(水曜日~金曜日~22:00)
※感謝祭(11月第4木曜)前日・12月24日・31日~17:00
・定休日:1月1日、4月第3月曜、7月4日、感謝祭、12月25日
・電話番号:+1 617-369-3188
・料金:大人25ドル、シニア23ドル
・公式サイトURL:http://www.mfa.org/

 

人気の観光名所2:ビーコン・ヒル

photo by pixta

ボストン観光の定番スポットであるビーコン・ヒルはボストン市内の丘にある高級住宅街です。赤いレンガ造りの建物や石畳が連なり、住宅の窓の飾りやドアのデザインなど見ながら楽しく散策できます。

古き良きボストンの街並みを静かにじっくりと堪能しましょう。おしゃれなレストランやカフェなどもあります。

■詳細情報
・名称:ビーコン・ヒル (Beacon Hill)
・住所:Beacon Hill, Boston
・アクセス:地下鉄「PARK ST.」駅
・マップ:

 

3.フィラデルフィア

フィラデルフィア

photo by pixta

アメリカの独立宣言が採択された地として有名なフィラデルフィア。独立の鐘や独立記念館など、アメリカの独立に関連するスポットがたくさんあります。

現在、アメリカの首都はワシントンD.C.ですが、そこに決まる前までは、臨時の首都がフィラデルフィアに置かれていました。

 

人気の観光名所1:自由の鐘

photo by pixta

自由の鐘とはアメリカの自由の象徴であり、特別な意味を持つ鐘。なぜならこの鐘はアメリカ独立宣言朗読の際に鳴らされたものです。

現在は市内のインディペンデンス国立歴史公園のリバティーベルセンターに展示されており、多くの観光客が鐘を見に訪れます。

■詳細情報
・名称:自由の鐘 (Liberty Bell)
・住所:143 S. 3rd StreetPhiladelphia, PA19106
・アクセス:地下鉄「5TH STREET」駅から徒歩約5分
・マップ:
・営業時間:09:00~17:00※季節によって異なる場合あり
・定休日:12月25日
・電話番号:+1 215 965-2305
・料金:無料
・公式サイトURL:https://www.nps.gov/inde/learn/historyculture/stories-libertybell.htm

 

人気の観光名所2:フィラデルフィア市庁舎

photo by pixta

フィラデルフィアのランドマークである市庁舎は街の中心にあり、アクセスも良いので必ず訪れたいフィラデルフィアの観光スポットです。ルネッサンス風の建物の外観は荘厳で堂々としており、とても絵になります。

市庁舎では貴重な建物内を見られる見学ツアーや市内を一望できる展望台へ登れるタワーツアーがあります(有料)。タワーツアーも含まれる見学ツアーは1日1回12:30からのスタートのみなのでご注意を。

■詳細情報
・名称:市庁舎 (City Hall)
・住所:1401 John F Kennedy Blvd, Philadelphia, PA 19102
・アクセス:地下鉄「City Hall」駅からすぐ
・マップ:

・営業時間:09:30~16:30、見学ツアー12:30~スタート、タワーツアー09:30~16:15の15分毎(土曜日は11:00~16:00)
・定休日:土・日曜日
・料金:無料(見学ツアー大人15ドル、シニア・学生10ドル/タワーツアー大人8ドル、シニア6ドル、学生4ドル)
・公式サイトURL:http://www.phila.gov/Pages/default.aspx

 

4.ワシントンD.C.

ワシントンD.C.

photo by pixta

言わずと知れたアメリカの首都・ワシントンD.C.。アメリカの政治の中心地であり、大統領の住むホワイトハウスや国議会議事堂などがあります。

ホワイトハウスには、観光客用の見学ツアーがあるので、興味のある方はぜひ参加してみてくださいね。

 

人気の観光名所1:リンカーン記念堂

photo by pixta

「人民の、人民による、人民のための政治」という言葉を覚えている人は多いと思います。これはアメリカ合衆国第16代大統領エイブラハム・リンカーンの演説での発言です。

アメリカ史上もっとも偉大な大統領とも言われたリンカーンを称えた記念堂は、ギリシャの神殿風の造り。内部中心にはリンカーン大統領の坐像があります。キング牧師の有名な”I Have a Dream”の演説もこの場所で行われ、自由と平等の象徴でもあります。

■詳細情報
・名称:リンカーン記念堂 (Lincoln Memorial)
・住所:2 Lincoln Memorial Circle, NW Washington, DC 20002
・アクセス:地下鉄「FOGGY BOTTOM-GWU」駅から徒歩約20分
・マップ:

・営業時間:見学自由
・定休日:年中無休
・電話番号:+1 202 426-6841
・料金:無料
・公式サイトURL:https://www.nps.gov/linc/index.htm

 

人気の観光名所2:国立航空宇宙博物館

photo by pixta

国立航空宇宙博物館では飛行機や宇宙船などに関するものを展示しています。1903年に世界初の飛行を成功させたライト兄弟の飛行機、アポロ11号の宇宙船、触れる本物の月の石など、心躍るものばかりです。

ワシントンの中でも特に人気の高い博物館であり、飛行機好きのみならず大人も子供も楽しめる施設ですが、博物館自体が無料なのも大きな魅力です。併設のギフトショップで飛行機や宇宙関連のお土産を購入するのも人気ですよ。

■詳細情報
・名称:国立航空宇宙博物館 (National Air And Space Museum)
・住所:600 Independence Ave SW, Washington, DC 20560
・アクセス:地下鉄L’Enfant Plaza駅から徒歩約5分
・マップ:

・営業時間:10:00~17:30
・定休日:12月25日
・電話番号:+1 202-633-2214
・料金:無料
・公式サイトURL:https://airandspace.si.edu/

 

5.マイアミ

マイアミ

photo by pixta

マイアミといえば、東海岸のビーチリゾートとして有名です。一年中温暖な気候で、きれいな白い砂浜が訪れる人々の心を癒してくれます。

特に、マイアミからキーウエスト諸島へ渡る7マイルブリッジは、まるで天国のような素晴らしい絶景を眺めることができる場所として有名です。

 

人気の観光名所1:アメリカン・エアラインズ・アリーナ

moniさん(@monmonnii)がシェアした投稿 – 2017 6月 15 10:45午前 PDT

アメリカン・エアラインズ・アリーナは頭文字をとって「AAA」という愛称で呼ばれている、ベイサイドにある屋内競技場です。主にアイスホッケーやバスケットボールのプロの試合、コンサートイベントに使用されます。

地元マイアミに本拠地を置くNBAのチーム「マイアミ・ヒート(Miami Heat)」のホームスタジアムでもあります。

■詳細情報
・名称:アメリカン・エアラインズ・アリーナ(American Airlines Arena)
・住所:601 Biscayne Blvd, Miami, FL 33132
・アクセス:MMO「Freedom Tower Metromover」駅からすぐ
・マップ:

・電話番号:+1 786-777-1000
・公式サイトURL:http://www.aaarena.com/

 

人気の観光名所2:マーリンズ・パーク

マーリンズ・パークはメジャーリーグベースボールのマイアミ・マーリンズの本拠地。2012年に開場したまだ新しいスタジアムです。

マイアミ・マーリンズといえば、イチロー選手と田澤純一選手が所属しているチームとしても有名ですよね(2017年現在)。一度で良いから本場のMBLの試合を観てみたいものです。

■詳細情報
・名称:マーリンズ・パーク
・住所:501 Marlins Way, Miami, FL 33125
・アクセス:マイアミ国際空港から車で約15分
・マップ:

・電話番号:+1 305-480-1300
・公式サイトURL:https://www.mlb.com/marlins
1 2
Pocket はてブ

WRITER

yamboro
yamboro
オランダのアートアカデミーでイラストとグラフィックデザインを勉強中。現在は休学して、旅をしながらノマド的生活を送っている。マイナーな国に行くのが好き。現在中央アジアを放浪中。

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

FEATURED特集

特集一覧へ

RANKINGカテゴリーランキング

アメリカのおすすめ観光スポット・旅行情報一覧