台湾の高美湿地で「第2のウユニ塩湖」を体験!

Pocket はてブ

ウユニ塩湖と言えば言わずと知れたボリビアの超有名観光スポットですが、第2のウユニ塩湖と呼ばれる場所がアジアにもあります。その名前は台湾は台中にある「高美湿地」。

その広大な自然の中に広がる幻想的な空間は一瞬、時を忘れてしまいそうになります。行きたくてもなかなか行けないウユニ塩湖が台湾で体験できる!次の連休は高美湿地へ!

 

高美湿地とは?

 

無題

Photo by kakizawa

以前は地元で「高密」と呼ばれていましたが日本が台湾を統治していた時代に現在の高美湿地と改名されました。

約300ヘクタールの湿地帯には長い橋がかけられ、まだ人の手がそこまで及んでいない事から豊富な自然が残っておりバードウォッチングや湿地観測の場としても名前が知られています。

夕暮れになると湖面に反射した「鏡張り」が現れ、傍らには風力発電のプロペラが回っており、その景色はウユニ塩湖とはまた違う神秘さが漂います。

 

なんと言っても鏡張り

 

3

Photo by kakizawa

現地でも名が知れた場所で夕方の鏡張りに合わせて大勢の人が押し寄せます。湖面に沈む夕日と共に映し出される反射した世界は思わず見とれてしまいます。

雨季では水量も増し、より鮮明に鏡張りが見る事が出来ます。開け放たれた湿地帯は風が強く湖面がなびくため、うまく鏡張りが見れない場合があるので当日の気象情報は事前にチェック!

 

風車の数々

10171

Photo by ruimaeda.com

湿地に入って左手側に何本もの風力発電の風車が立ち並んでいます。夕方になると畔に電燈がつきその姿を照らしてくれます。

 

豊かな自然

1

Photo by kakizawa 

湿地に入る橋の脇には絶滅危惧に瀕した珍しい植物の「雲林莞草」が生い茂ります。日中では120種類の鳥が行きかいバードウォッチングにも適しています。

その他にも湖面に目をやると無数のカニもいるので豊かな自然を見ているだけでも満足できます。

 

出店で腹ごしらえ

2

Photo by kakizawa 

台湾と言えば夜市に代表されるような出店。高美湿地の入り口付近にも数は多くないが昔ながらの出店が並んでいる。

いい景色を見る前に腹ごしらえしてから行くのもいいですね。バスの最終(21:00 H27年6月現在)以降もやっているので便利。

 

アクセス

清水駅より178番か179番バスに乗車、約30分(学校が多くあるので夕方は込み合うため余裕を持っていくといい)

1 2
Pocket はてブ

Writer

世界を旅する施術家
理学療法士として今まで1000人以上の治療を行う。その経験を活かし世界で身体の痛みに困っている人々を助ける為に邁進中。ココロ踊る事が大好き、生きるためなら大概何でもやります。旅で出会ったら施術しますのでご連絡を♪

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

FEATURED特集

特集一覧へ

RANKINGカテゴリーランキング

シルバーウィーク特集