即死覚悟のウングスーツフライングから見えた世界

Pocket はてブ

皆さん、エクストリームスポーツってご存知ですか?先日、このエクストリームスポーツをテーマにした「Xミッション」という手に汗握る映画が公開されましたよね。

スカイダイビングでも勇気がいるというのに、その上をいく死と隣り合わせなのがウイングスーツのみを着て空を飛ぶ「ウイングスーツフライング」です。

今回は、そんなウイングスーツフライングから見た絶景動画を集めたのでご紹介します!

簡単にウイングスーツフライングをご紹介!

現代の手と足の間に布を張った滑空用のウイングスーツは、1990年代中頃にフランス人スカイダイバーのパトリック・デ・ガヤルドンによって考案されました。

日本人唯一のプロウィングスーツ・パイロットである伊藤慎一さんは、2011年5月28日、米国カリフォルニア州にてウイングスーツ世界最長飛行の自己記録を更新しました。

高度32,000ft(9,754m)から降下し、23.1kmを時間5分22秒で飛行。ウイングスーツでの最高水平速度世界記録363km/hも達成しています。

ウイングスーツフライングは時速200km以上、木や地面に接触したら即死、ジャンプしてから6秒で風に乗らないとそのまま落下して死ぬとも言われています。
まさに死と隣り合わせの危険なスポーツです。

それでは、そんな危険なウィングスーツフライングから見た絶景をご覧ください!

断崖絶壁を自由に飛び回る

断崖絶壁の間すれすれを自由自在に飛んでいく彼らは、まさに鳥のよう。

決死のジャンプを成功させたその先に待っている景色は、きっとこの動画の何百倍も輝かしいものに違いないでしょう。そんな「絶景を伝えたい」という想いを形にして私たちに共有してくれた彼らに拍手を贈りたいです。

1 2
Pocket はてブ

Writer

*TABIPPO 専属ライター*​ 東京都出身、大自然に憧れるギャップ系女子。「1度きりの人生、世界を見てから死にたい!」という想いから20歳で初めての海外旅行へ。2ヶ国目のタイではタクシーで爆睡し、3ヶ国目のフランスでは列車で爆睡して待ち合わせに2時間遅刻してしまうほど大雑把で大胆な一面も。憧れの旅人はスナフキンで、将来は気の向くままに世界を放浪しながら仕事をして、自分の旅本を出すのが夢。

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

FEATURED特集

特集一覧へ

RANKINGカテゴリーランキング

アクティビティ