オーストラリア、ワーキングホリデーの年齢制限「35歳まで引き上げ」を撤回か

Pocket はてブ

(2017/10/15編集部追記)

2016年9月、オーストラリアで定められているワーキングホリデーの年齢制限が、35歳まで引き上げることが発表されていましたが、このたび引き上げが撤回されたようです。

オーストラリア側の2017年1月1日時点の発表では、まだ35歳引き上げにはなっていないとのこと。今後の最新情報にご注意ください。

以下、過去の掲載情報になります。

 

(2016/12/12編集部追記)

2016年9月30日、オーストラリアで定められているワーキングホリデーの年齢制限が、35歳まで引き上げることが発表されました。

その際、所得税の「ワーホリ税」を19%で導入と報じられていましたが、現在「15%」で検討されているということです。

 

35歳まで引き上げを発表

政府は昨年、1ドルから32.5%の所得税を課す「ワーホリ税」を導入する計画を発表。しかし、農場経営者が外国人の雇用を確保できなくなると猛反発を受け、見直されることになっていました。

外国人就労者の減少を懸念し、35歳までの年齢引き上げがなされたようです。

 

所得税の非課税枠も撤廃

所得税の「ワーホリ税」見直しの結果、2017年より19%で導入されることが決定。

今までは収入が18,200ドル以下なら税金を取られることはありませんでしたが、37,000ドルまで税率19%で徴収、それ以上は額に応じて税率が高くなることになりました。

→現在は「15%」での導入が検討されているそうです。

参照:work in australia: u-turn on backpacker tax新税導入の引き換えで35歳までの年齢制限緩和・豪のワーキングホリデー

※編集部追記(2016/12/12)初回掲載時、一部記載情報に誤りがありました。お詫びして訂正いたします。

 

Pocket はてブ

WRITER

阿部まなみ
阿部まなみ
コンテンツディレクター
*コンテンツディレクター* 高橋歩さんの「BELIEVE YOUR トリハダ」という言葉に影響を受け、自身も人の心を動かせる仕事をしたいと決心。サックスとジャズへの愛が止められず、メンフィスとニュ…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

RANKINGカテゴリーランキング

ワーホリ

FEATURED特集

特集一覧へ