ライター
桃(Momo) TABIPPO編集部 / フリーライター

書く人・エッセイスト。アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ鉄道周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社に就職。現在は複数メディアにてフリーのライター兼編集者。趣味は英語で、映画は洋画を中心に年間150本を鑑賞。渡航国数は23ヶ国。

アルバニアでやりたいこと


photo by ①milosk50/Shutterstock.com ②Aleksandar Todorovic/Shutterstock.com ③Terje Lillehaug/Shutterstock.com

①通称、千の窓の町「ベラート」のレトロな街並みに浸る

政府から、博物館都市として「価値ある歴史を残す町」に指定されている世界遺産。統一された灰色の石葺き屋根と均等に設えられた無数の窓は眺めているだけでもノスタルジックな気分にさせてくれる。夜のライトアップもお見事。

②シーフード天国サランダ

アドリア海を見渡す南部の都市。コバルトブルーの海で獲れた絶品シーフード料理で満たされたい。

③驚異的透明度ブルーアイ

泉の底まで見渡せそうな神秘的な泉。現実離れした透明度の水源を飽きるまで眺めて癒されたい。

ボスニア・ヘルツェゴビナでやりたいこと


photo by ①serato/Shutterstock.com ②Masato Nakano ③RossHelen/Shutterstock.com

①エターナルフレーム

サラエボにある消えることのない聖火。揺らめく炎の前で再び戦争が起こらないようにと祈りを捧げる。

②「スタリ・モスト」で悲劇の歴史を学び世界の平和を心から祈りたい

美しいネレトヴァ川の上に架かる橋。かつて、この橋を隔てて民族が分断し、住民同士が殺し合ったことをだれが想像できるだろう。内戦時の1993年に破壊されたのち、住民の願いにより2004年に再建された。「この橋が、友好の架け橋になるように」と希望を込めて。美しくも悲しみを背負った世界遺産だ。

③幅120mクラヴィツェの滝

太陽の光がまぶしい夏に訪れたい、エメラルドグリーンの滝。壮大な水の流れと滝の音でリフレッシュ。

セルビアでやりたいこと


photo by Tatiana Popova/Shutterstock.com

紛争の傷跡ベオグラード

コソボ紛争の舞台となった首都。NATOにより破壊された建物を目にし、戦争の愚かさを知る。

モンテネグロでやりたいこと


photo by ①Yutai Mogi ②S-F/Shutterstock.com ③Creative Travel Projects/Shutterstock.com

①コトルの町を城から見下ろす

ドゥルミトル国立公園内にある名所。透明度抜群なのに黒い水の上を手漕ぎボートで進みたい。

②スベティ・ステファン

「モンテネグロのモン・サン・ミッシェル」とも言われるリゾートで1泊して、美しい海辺の隠れ家を堪能。

③黒湖の不思議な黒さ

ドゥルミトル国立公園内にある名所。透明度抜群なのに黒い水の上を手漕ぎボートで進みたい。

ライター
桃(Momo) TABIPPO編集部 / フリーライター

書く人・エッセイスト。アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ鉄道周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社に就職。現在は複数メディアにてフリーのライター兼編集者。趣味は英語で、映画は洋画を中心に年間150本を鑑賞。渡航国数は23ヶ国。

RELATED

関連記事

EVENT

イベント一覧