2泊3日で行けるおすすめの海外旅行先13選

Pocket はてブ

長い休みはとれないからって、海外へ行くのをあきらめていませんか?実は、二泊三日で行ける海外の都市は少なくありません。

おすすめは、フライト時間が5時間内で収まる近場の東アジア~ミクロネシアです。ちょっと飛行機で眠っているだけで、あっという間にここは・・・?もしかしたら眠っている暇もないかもしれません!

*編集部追記
2015年3月19日に公開された記事に、追記しました。

 

グアム ~定番のリゾート地~

shutterstock_251399971

Photo by shutterstock

フライト時間は約4時間で、食事にショッピング、リゾートが楽しめます。アメリカ領なので、英語が公用語ですが日本語を話す地元民も多くあまり困りません。

ツアーパックで申し込むと、バスの乗り放題チケットがついてくることが多く移動に便利です。時差は+1時間、6~10万円の予算を想定しているとよいでしょう。

 

ソウル ~食・買・美がテーマ~

shutterstock_79861582

Photo by shutterstock

フライト時間は約2時間半で、食事にショッピング、エステが楽しめます。近年有名になってきた韓国コスメも安値で手に入ります。

高麗人参などの薬膳料理も多く、美を追求する旅としてもおすすめ。時差はなく、4~10万円の予算を想定しているとよいでしょう。

 

香港 ~中国だけどモダンな街~

shutterstock_151931489

Photo by shutterstock

フライト時間は約5時間で、飲茶などのグルメにマッサージが楽しめます。移動には便利な地下鉄が張り巡らされていて、乗り方もわかりやすく示してあります。

それぞれの観光スポットはあまり離れておらず、観て周りやすいといえるでしょう。時差は-1時間、5~6万5千円の予算を想定しているとよいでしょう。

 

台北 ~夜の観光スポットも多め~

shutterstock_166155323

Photo by shutterstock

フライト時間は約4時間で、夜市の屋台でのB級グルメが格安で人気、夜遅くまで人通りが多いので街歩きも安心です。シャンプーや足つぼマッサージなども有名です。

時差は-1時間、8~10万円の予算を想定しているとよいでしょう。

 

サイパン ~自然溢れるリゾート地~

shutterstock_105964871

Photo by shutterstock

フライト時間は約3時間半で、ビーチリゾートとして知られていて、シュノーケリングや濡れずに海底を歩いて魚と戯れるシーウォーカーなど海のアクティビティが人気です。
時差+1時間で、3万5千~9万5千円の予算を想定しているとよいでしょう。

 

マカオ 〜アジアのラスベガス!〜

16757193119_fcd5762531_z

photo by kewl

かつてはポルトガルの領土だったこともあり、南ヨーロッパの街並みが今も残るマカオ。

その独自の歴史からマカオ歴史街地区は世界文化遺産にも認定されています。

マカオといえばなんといってもカジノですよね!欧米とは違いカジュアルな格好でも入場できるのも嬉しいポイント。航空券も往復2万円台からでフライトは5時間!

日本との時差も-1時間なので是非いってみてください。

 

フィリピン 〜英語も絶景も堪能できる〜

5754437534_35263a7ece_z

photo by fitri.agung

最近は安く語学留学できることでも有名なフィリピン。もちろんマリンアクティビティも人気です!ゆったりビーチで過ごしたい方は是非!

フライトは約4時間半、日本との時差は-1時間です。航空券も約5万円とお手ごろですよね!

 

パラオ 〜魅惑のビーチリゾート〜

2346948493_67b19008d3_z

photo by LuxTonnerre

パラオは東京から5時間、時差はありません。世界遺産ロックアイランド群、ミルキーウェイの美しさは一見の価値あり!

航空券も5万円台から、透き通った海と手つかずの自然に心を癒されに行きませんか?

 

ベトナム 〜アジアとフランスが混在する国〜

24183209762_d896bd2413_z

photo by paularps

フライトは約6時間、日本との時差は−2時間。かつてフランス領だったこともあり、料理も美味しいです。建築物もアジアとヨーロッパ2種類が混在し見ているだけでも面白い!

物価も安く日本の5分の1程度。航空券も4万円台で行くことができるので1万円だけでもかなり楽しめる国です!

 

ハバロフスク
〜3時間で行けるシベリア鉄道の旅〜

8750441000_41e991b0d3_z

photo by Sharon Hahn Darlin

え、ロシア?と思う方もいるかもしれませんがハバロフスクは成田からフライト3時間弱、一番近いヨーロッパと言われています。

バックパッカーの憧れ、シベリア鉄道に乗ってどこかへ行くのもよし、ショッピングだってロシア料理だって楽しめちゃいます。

日本との時差は-1時間で8万円程度!週末だけでヨーロッパに行くのも夢じゃないんですよ!

 

シンガポール ~マーライオンだけじゃない~

shutterstock_270411809

photo by shutterstock

フライトは約7時間、時差は1時間のシンガポールの見どころはマーライオンだけじゃないんです!

海に囲まれているのでシーフードが美味しく、大衆食堂などでは格安で食べることができます。また、ビーチにも気軽に行くことができ、リゾート気分を味わうことができます。

マリーナベイサウンズの正面では毎日噴水ショーが行われ、見どころ満載のシンガポール!航空券は4万円から。

 

インドネシア ~時間がゆっくり流れる場所~

shutterstock_403258054

photo by shutterstock

インドネシアのバリ島はフライト約7時間、時差は1時間です。リゾート地なので、スパ・ショッピングなどが充実!

そして、綺麗なビーチだけでなく島全体には寺院があり歴史を感じることができます。

リゾート気分に加え東南アジアの雰囲気が楽しめる時間がゆっくりと流れる島、バリ島にぜひ足を運んでみて下さいね。

航空券は2万円から。

 

マレーシア ~極上リゾート~

shutterstock_116615794

photo by shutterstock

 マレーシアの北西部に位置するランカウイ島はフライト約9時間。ランカウイ島と言ったら綺麗な海!

「世界とアジアのベストアイランド」のトップ10にもランクインする、極上のリゾート地です。物価も安くグルメもたくさんあり、水族館まであります。

まさに楽園のランカウイ島の航空券は3万円から。

 

まとめ

どの都市も、時差があまりなく旅行を終えて日本へ戻ってきてからも、時差ぼけなど旅の疲れも少なく、すぐにいつもの生活に戻れるところがおすすめです。

短時間のフライトと週末+1日仕事をお休みするだけで、いつもの週末とは違ったリフレッシュができるのが嬉しいところです。

週末におうちでまったりごろごろもいいけれど、たまにはリフレッシュしてみませんか?

Pocket はてブ

WRITER

世界一周団体TABIPPO
世界一周団体TABIPPO
若者が旅する文化を創る!
全員が世界一周を経験したメンバーが学⽣時代に作った組織がTABIPPOです。設立して4年半、2014年4⽉に株式会社になりました。とにかく旅が好きで、たくさんの人に旅を広めたいと思っ…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

FEATURED特集

特集一覧へ

RANKINGカテゴリーランキング

5月のおすすめ