バックパッカー初心者に贈る!旅におすすめのバックパックブランド27選

Pocket はてブ

「よし、旅をしよう!」そう思い立ち、まずバックパックがほしくなる。でも、「どれがいいの?どのブランドがいいの?わからない!」最初の悩みに出会います。

旅をする上で欠かすことのできないバックパック!今からバックパックを買おうというみなさんへ。これにしておけば間違いはないブランドを紹介したいと思います。

バックパックを買ったあとにパッキングする際には、80秒で完璧にパッキングできちゃう映像をご覧になるのがおすすめです。(※あくまでも個人的な意見です。)

*編集部追記
2015年11月に公開された記事に、新しく追記しました
2015年1月に更新された記事に、11ブランドを追加しました
2016年11月に更新された記事に、アイテムを追加しました

THE NORTH FACE(ザ・ノースフェイス)

まずは定番のこのアウトドアブランド!1968年アメリカで生まれました。ファッション性の高さから特に若者に絶大な人気を誇ります。ちなみに僕が持っているバックパックもこのブランド!

《ノースフェイスのバックパックの特徴》

普段使いできるような、小さめのものも多い。価格は1.2万〜2.5万のものがメイン。
ファッション的にも優れているものが多く、デザイン的には良い。女性用もあり商品数も豊富。

■素材:600Dポリエステル、420Dミニリップストップナイロン、1200Dポリエステル
■重量:2,075g
■容量:66L
■適応背面寸法:43-53cm

雨蓋にレインカバーが内蔵されたこちらのバックパックは、生地が薄くて軽いのに丈夫なのが嬉しい!35Lモデルはサイドにファスナーがあり、荷物の取り出しも楽々です。

■容量:30L(S)、35L(M/L)
■重量:S990g、M1105g、L1160g
■寸法:S/54×25×18cm、M,L/62×25.5×18cm

シンプルで使いやすいデザインながら、機能性にも優れた人気モデル。山小屋泊から1泊程度のテント泊まで対応するので、アウトドア好きな方に特におすすめ。フィット感も良いので、旅行にもぴったりです。

■容量:M/43L、L/45L
■重量:M/1650g、L/1730g
■寸法:M/65×30×21cm、L/69×30×21cm

<公式サイト>

 

GREGORY(グレゴリー)

1977年にバックパックブランドとして、アメリカでうまれた「グレゴリー」。快適な背負い心地、フィット感、耐久性、機能性を常に追求し、進化を与え続けるメーカーです。

《グレゴリーのバックパックの特徴》

大小様々なカタチが存在する。価格は1.3万〜3.6万のものが主流。めちゃくちゃ丈夫!まさに「質実剛健」といった感じ。まずハズレはない。クッションもしっかりしてるが、蒸れが逃げにくいこともあるかも…量はしっかり入ります!

■素材:100Dリップストップナイロン/200Dポリエステル
■重量:1,220g
■容量:38L

バックパックのボトムからジップアクセスでき、荷物の収納がしやすいモデルです。レインカバーも付属しており、トレッキングや旅行にも便利!

■容量:M45L、L48L
■重量:M1440g、L1530g

グレゴリー ズール30は、ボディにフィットする高通気性の新設計クロスフロー・サスペンション、改良ショルダーハーネスを搭載しており、今までにない快適な背負い心地を実現しています。

■容量:M30L、L31L
■重量:M1300g、L1390g

<公式サイト>

 

patagonia(パタゴニア)

ご存知の方も多いはず!アメリカのアウトドアブランド「パタゴニア」。シンプルさと実用性に徹したデザインで、多くの人に愛されています。また環境保護活動に取り組むことでも有名です。

《パタゴニアのバックパックの特徴》

小〜中の物が多く、大容量のものはあまりありません。価格は1.8万〜2.5万が主流。デイパックが多いため、長期間行くならかなりモデルが限られます。体の大きい人が背負うとぴったりのものが多いです。

■素材:(本体)平織りの10オンス・420デニール・コーデュラ・ナイロン100%。ポリウレタン・コーティングとDWR(耐久性撥水)加工済み
(底)9.25オンス・940デニール・コーデュラ・バリスティック地ナイロン100%。ポリウレタン・コーティングとDWR加工済み
■重量:1,400g

<公式サイト>

 

MAMMUT(マムート)

1862年に創立された、スイスのアウトドアブランドです。当初はハンドメイドのロープ工場としてスタートし、現在は多くのアウトドアグッズを幅広く取り扱っており、本格的な登山家からタウンユースまで幅広いユーザーに愛されているブランドです。

《マムートのバックパックの特徴》

大小様々な大きさがある。価格は2万〜3万が主流。肩幅の問題から日本人には合いにくいとされているが、初心者にもおすすめなのはこのリチウムクレスト。背負い心地と重心の安定感はとても良い。

■素材:ナイロン・ポリエステル
■重量:1,390g
■容量:41-50L

<公式サイト>

 

ARC’TERYX(アークテリクス)

最近街中でもこのブランドのアイテム見ますよね!1991年にカナダで誕生したアウトドアブランド「アークテリクス」。印象的なブランドロゴは”始祖鳥”をイメージしたものとなっています。機能性はもちろん、ファッショナブルなデザインからタウンユースとしても高い支持を集めているブランドです。

《アークテリクスのバックパックの特徴》

3,2〜4万と他のアウトドアブランドに比べて値段は高めなもののそれでも絶大な人気を誇るのはその耐久性と軽さ。内側と外側からコーティングされているので空気や水を通さない素材で、ありとあらゆる気候に対応してくれます。

またアークテリクスはその優れた対候性、耐摩耗性からマウンテンパーカーも旅人に大人気!

■素材:N400-AC² パック、N400r-AC² ナイロン 6 リップストップ
■重量:670g
■容量:45L

<公式サイト>

 

karrimor(カリマー)

1946年に誕生したイギリスのブランド「カリマー」。ご存知の方も多いはず!ロゴはイギリスの国旗「ユニオンジャック」をモチーフにしたもので、山だけでなく街中でもよく目にしますよね。また製品は「日本人用」モデルがあることも嬉しいブランドです!

《カリマーのバックパックの特徴》

大きいものが多い。価格は2.5万〜3.3万が主流です。肩幅が大きい。物を入れると大きくなる。クッションが分厚い。本格的なアウトドア向き。

■重量:1,280g
■容量:65L

カリマー リッジ 30 type2は、人間工学に基づいた新設計ハーネスにより、リュックサック本体の荷重を理想的に肩と腰に分散できるシステムを採用しています。ハイキング・トレッキングのビギナーはもちろん、本格的な山登りにも使えるアイテムです。

■容量:30L
■重量:1450g
■寸法:62×32×29cm

長期の山登りにおすすめ!カリマーのフラッグシップモデルとしても人気のジャガー60+10。長期にわたり荷物を携行するようなハードなシーンであっても、背面のフィット感や荷重の配置を即座に調整することが可能です。

■容量:60L+10L
■重量:2400g
■寸法:84x36x32cm

<公式サイト>

 

MILLET(ミレー)

フランスのバックパックブランドの「ミレー」。山に登る人ならほとんどが知っているはず!1950年にフランスの登山隊が初のヒマラヤ登頂を成したときに使用していたのが、「ミレー」なんです!

《ミレーのバックパックの特徴》

大きいものから小さいものまでラインナップは豊富。価格は1.7万〜2.8万が主流です。クッションはしっかりしています。肩幅は細めで日本人女性にはミレーはピッタリな傾向。ウエストベルトも丁度いい。日本人には合いやすいメーカーです。

■素材:コーデュラ®ナイロン500D、ベロシティーナイロン420D、オックスフォードナイロン420HD
■重量:2,460g
■容量:60L + 20L

トレッキングの定番!トレッカーや旅行者のニーズをバッチリ満たす、使いやすいと評判のバックパック。体格に合わせて背面長をM、Lサイズに切り替えることができ、なんと大小9つのポケットが装備されています。

■容量:30L+5L
■重量:1450g
■寸法:タテ53cmxヨコ28cmxマチ17cm

収納式チェストポケット、拡張ウエストポケットなど、計10箇所もの場所にポケットがあり荷物の整理がしやすい!通気性も抜群で背負いやすく、トレッキングから長期旅行まで幅広い用途で活用できます。

■容量:31-40L
■重量:1290g
■寸法:タテ59cmxヨコ25cmxマチ17cm

<公式サイト>

 

deuter(ドイター)

1898年にドイツでうまれた「ドイター」。100年以上の歴史をもつ老舗ブランドです。登山だけでなく、スキー・サイクリング・ランニングなど幅広いジャンルにおいて最高のパフォーマンスを重視するメーカーです。

《ドイターのバックパックの特徴》

大小様々な大きさがあります。値段は1.8万〜2.8万が主流。欧米のバックパッカーが選んでるイメージのあるブランド。肩と背中のクッションが良く負担がかかりにくい。背中の密着面の蒸れを解消する機能を備えています。

■素材:ドイター・スーパーポリテックス、ドイター・リップストップ210D、マクロライト 210
■重量:1,580g
■容量:35 + 10L

<公式サイト>

 

OSPREY(オスプレー)

1974年にアメリカで誕生した「オスプレー」。その名の通り、オスプレー(みさご)の優美な飛行からブランド名とロゴに採用されました。モデルごとに吟味された機能が搭載されており、またシルエットの美しさも印象的です。

《オスプレーのバックパックの特徴》

大小様々な存在する。価格は2万〜3万が主流。
発色も良くカッコいいのも多い。肩幅は大きい。細かい収納があるものが多いので便利。クッションは少し薄いが、軽いので良い。

■素材:210Dナイロンダブルダイヤモンドリップスト、420HDナイロンバッククロス、420Dナイロンバッククロス
■重量:1,450g
■容量:36L

2〜3泊の小屋泊まりやハイキングにぴったりのバックパック。収納部は1~2気室の切り替え式で使いやすく、サイドポケットやトレッキングポールアタッチメントなど、荷物の収納に特化したデザインで便利です。

■容量:S/M=46リットル、M/L=48リットル
■重量:S/M=1.59kg、M/L=1.67kg
■寸法:縦72×横38×奥40cm(M/L)

軽快なアクティビティーのためのマルチユースパックとして人気のオスプレー ストラトス 34。背中がネットになっているため汗などによる蒸れを防ぐことができ、特に夏場に大活躍してくれること間違いなしです!

■容量:S/M=32リットル、M/L=34リットル
■重量:S/M=1.20kg、M/L=1.25kg
■寸法:縦60×横34×奥32cm(M/Lサイズ)

<公式サイト>

1 2
Pocket はてブ

WRITER

TABIPPO.NET編集部
TABIPPO.NET編集部
若者が旅する文化を創る!
全員が世界一周を経験したメンバーが学⽣時代に作った組織がTABIPPOです。設立して4年半、2014年4⽉に株式会社になりました。とにかく旅が好きで、たくさんの人に旅を広めたいと思っ…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

FEATURED特集

特集一覧へ

RANKINGカテゴリーランキング

バックパック・かばん