インド人の主食はナンではなく「チャパティ」

Pocket はてブ

ナマステ。みなさんカレーって好きですか?私は好きというか…愛しています。だから、インド滞在中は三食カレー生活をしていました。

で!なんですが。「チャパティ」ってご存知でしょうか?まぁ、平たく言うとカレーに合わせて食べるパンのことです。ん?聞こえます。聞こえますよ…。みなさんの声が聞こえます!

「「えー?インドカレーに合わせるパンといえばナンじゃないのー?」」

はい!インドでカレーを食べるなら私はチャパティをおすすめします。というわけで、今回はチャパティの魅力をご紹介します。

 

そもそもチャパティとは?

Matar_Panir_mit_Chapati_-_Mutter_Paneer_with_chapati

photo by  Sonja Pauen

そもそもチャパティのことをご存じないという方のためにま、ずはチャパティのことを軽く説明しましょう。

チャパティとはインドやパキスタン、バングラデシュなどでよく食べられる直径10センチ程度の円形のパンです。

一般的なパンは発酵することでふわっとふくらみますが、チャパティは発酵させないで作るパンであり、ふわっと感は全くありません。

 

そのため、見た目に関してはパンというよりもどちらかといえばクレープに近いです。

味わいはとても素朴で刺激的なカレーの味とよくマッチします。

 

ポイント①安い!

411772113_a687c8119e_b

photo by  MShades

チャパティにはたくさんの魅力がありますが、最大の魅力はなんといっても安いこと!一枚5ルピー(約10円)程度で売っていることもあります。

なんてったって材料は小麦粉と水だけ!そりゃあ、かなり安く作れるはずです。

この安さは貧乏バックパッカーにはうれしい!ちなみにナンはチャパティの数倍の値段です…。

 

ポイント②あっさりしていて食べやすい!

17199288785_03793c4fc7_b

photo by  jackwickes

言うまでもなくインドは灼熱の国。めちゃくちゃ暑いなかで、油ギトギトの料理を食べるってのもきついものがありますよね。

チャパティはただ小麦粉と水を練った生地を焼いただけのパンです。そのため、よけいな脂分や味がありません。

 

また、本場インドのカレーは日本のものとちがいサラサラあっさり系が多いため、あっさり×あっさりで相性バツグンです。

 

ポイント③当たりはずれほぼなし!

5470590844_a65de5f5f3_b

photo by  flöschen

先にも書きましたが、チャパティはすごく単純な材料から作られています。そのため、どこで食べてもだいたい同じ味です。

「ものすごくおいしい!」ってことはあまりありませんが、反面「超マズい!!」ってことはまずありません。

 

そのためどんなときでも安定して最低限おいしく食べられるので、安定したカレーのお供になってくれます。

 

ポイント④手でちぎりやすい!

5720331254_1fdcc35eab_b

photo by  Danny Chapman

やはりインドに行ったらインドの文化にしたがって手でカレーを食べたいものです。

1 2
Pocket はてブ

WRITER

佐々木拓馬
佐々木拓馬
せかいいっしゅうしましょう じぶんのいきたいところにいきましょう むずかしいことはなしにして さぁ、いきましょう

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

RANKINGカテゴリーランキング

ご当地グルメ

FEATURED特集

特集一覧へ