ハリーポッターのロケ地14選!キングス・クロス駅の「9と3/4番線」は外せない

Pocket はてブ

イギリスまで行ったら、ハリーポッターのロケ地も訪れたいと思っている方のために、完全版を作成しました。ホグワーツに向かうために通過する「9と4分の三番線のホーム」、生徒が集う「ホグワーツの食堂」、秘密につくられた「不死鳥の騎士団の本部」などのロケ地を一挙公開します。

 

1.ハリポタの世界を体感!「WBスタジオツアー」

< COO7 %2F Shutterstock.com>shutterstock_456847816

photo by  COO7 / Shutterstock.com

ここではハリーポッター全8作品で撮影されたリーブスデン・スタジオを歩いてまわるセルフツアーです。グリフィンドール談話室やダンブルドアの校長室などの映画に使用されたセットや、実際に映画で使われた衣装や小道具を見たり、触れたりすることができます。

「ハリーポッターと秘密の部屋」で登場した空飛ぶ車に乗って記念撮影もできるとか!ハリポタ好きには魅力あふれるツアーになること間違いなしでしょう。

■詳細情報
・名称:Warner Bros. Studio Tour London
・住所:Studio Tour Drive, Leavesden WD25 7LR
・アクセス:「Euston」駅から電車で20分の「Watford Junction」駅下車。そこから専用シャトルバスで15分
・営業時間:10:00~20:00
・電話番号:0845-084-0900
・料金:大人£33~、子供£25.50~
・所要時間:約3時間。ツアーは10:00~18:00まで30分おきに開始。

・公式サイトURL:https://www.wbstudiotour.co.uk/
・備考:予約時間の20分前に現地到着。

 

2.ホグワーツの食堂「オックスフォード大学のクライストチャーチ」

pixta_1892175_M

photo by PIXTA

ホグワーツの食堂の撮影場所は、実は今でも使用されているオックスフォード大学の食堂なのです。現在も学生や教授たちが使用しているのでお昼は観光客は入ることができません。不思議の国のアリスの著者”ルイス・キャロル”もここの卒業生です。

「ハリーポッターと賢者の石」の最初のシーンで、組み分け帽子が寮を指定するあのシーンこそ、ここが舞台となっているのです。

■詳細情報
・名称:Christ Church
・住所:St Aldate’s, Oxford OX1 1DP
・アクセス:ロンドンの「Paddingtone駅」から電車で1時間の「Oxford駅」下車。駅から徒歩20分。
・営業時間:9~17時(日曜は14~17時)
・電話番号:(01865)276150
・料金:大人:7ポンド、 子供:6ポンド(5~17歳)、 シニア:6ポンド
・所要時間:1時間
・公式サイトURL:http://www.chch.ox.ac.uk/visiting/timesandprices
・備考:昼食の時間帯(11:20~14:30頃)は大広間に立ち入り禁止

 

3.ボウドリアン図書館

shutterstock_108939803

photo by shutterstock

ボウドリアン図書館はイギリスの名門オックスフォード大学にある、ヨーロッパでも有数の伝統を誇る図書館です。その規模はイギリスでは大英図書館に次ぐほどのものです。なんと蔵書冊数は7百万以上あります。勉強熱心なハーマイオニーが、問題を解決するために書物を探すために、通っていたことが印象に残っています。

あなたもここで読書をして、ハリーポッター気分を味わいませんか?

■詳細情報
・名称:Bodleian Library
・住所:Broad Street, Oxford OX1 3BG
・アクセス:ロンドンの「Paddingtone駅」から電車で1時間の「Oxford駅」で下車。駅から徒歩20分。
・営業時間:9:00~16:15(土曜日 9:00~15:30/日曜日 11:30~16:15)
ガイドツアーは日によって開催時間が異なる
・定休日:無休
・料金:£1(ガイドツアー30分 5£、1時間 7£、1時間30分 13£)
・所要時間:1-2h
・公式サイトURL:http://www.bodleian.ox.ac.uk/bodley/whats-on

 

4.ホグワーツまでをつなぐ架け橋「グレンフィナン高架橋」

Jacobite stream train, Glenfinnan Viaduct, Scotland, UK

photo by PIXTA

スコットランドのフォートウィリアムにあるシール湖のすぐ北に架かっている、長さ約380メートル、高さ30メートルの世界最古のコンクリートでできた橋です。映画のシーンと同様に実際にもジャコバイト号という名の蒸気機関車が走っており、フォートウィリアム~マレイグ間を走行しています。

「ハリー・ポッターと秘密の部屋」ではがホグワーツへ行く途中、空飛ぶ車が誤って着地し、列車とぶつかりそうになったシーンが印象的ですね。

■詳細情報
・名称:Glenfinnan Viaduct
・住所:A830 Rd, Highland PH37 4
・アクセス:「Fort William駅」から列車に乗って通過。または車で直接アクセス。
・所要時間:1~2時間
・公式サイトURL:http://www.westcoastrailways.co.uk/jacobite/jacobite-steam-train-details.cfm

 

5.キングス・クロス駅の9と3/4ホーム

< AnjelikaGr %2F Shutterstock.com>shutterstock_210792889

photo by AnjelikaGr / Shutterstock.com

この駅は1852年に開業したロンドン中心部主要鉄道ターミナルです。駅はロンドン中心から少し離れた場所にあるキングス・クロス地区のユーストン・ロードとヨーク・ウェイの交差部に位置します。駅内の広場には映画内に出てくる9と4分の3番線を再現した記念撮影ができるブースがあり、お土産を買うこともできます。

「ハリーポッターと秘密の部屋」では、ホグワーツに向かうハリーとロンが9と3/4ホームの壁に激突するシーンは、見ているこっちもつい頓狂な声が上がるほど驚きました。

■詳細情報
・名称:King’s Cross Station
・住所:Euston Road, King’s Cross, London N1 9AP
・アクセス:イギリスの主要鉄道幹線であるイースト・コースト本線の南の終着駅
・所要時間:10~30分

 

6.ホグワーツの中庭「ダラム大聖堂」

pixta_3087105_M

photo by PIXTA

イングランド北東部のダラム州にある、イングランド国教会の大聖堂です。1093年に創建されたこの大聖堂は、キリスト教信仰の中心地として神聖な場所となっています。ノルマン様式の教会としてはヨーロッパで最も精巧な建築物の例とされており、世界遺産に登録されているほどです。

オズワルド王の頭部や歴史家でもあった聖ベーダの遺体も納められています。この場所は様々なシーンで用いられますが、「ハリー・ポッターと秘密の部屋」でロンがナメクジを吐いたシーンが印象的です。

■詳細情報
・名称:Durham Cathedral
・住所:The College, Durham DH1 3EH
・アクセス:「エディンバラ」から電車で1時間40分、「Durham駅」下車。そこから徒歩15分。
・料金:無料
・公式サイトURL:http://www.durhamcathedral.co.uk/
・備考:世界遺産に登録

 

7.ホグワーツ魔法学校の外観「アニック城」

ベータさん(@betananoda)が投稿した写真 – 2016 9月 4 12:09午前 PDT

ノーサンバーランド州アニックにある城で、1096年にアニック男爵イヴ・ド・ヴィシーが、スコットランド人の侵入を防ぐために建設を開始しました。このお城には今も、貴族が住んでいます。第二次世界大戦以降、城の一部をニューカッスル教会女子高校、師範学校、セント・クラウズ・ステイト大学など様々な教育機関に利用されています。

この校庭はハリーが初めて箒に乗る練習をしたあのシーンを連想させます。「ハリーポッターと賢者の石」では、いつも卒なくこなすハーマイオニーが、「上がれ!」と必死に箒を魔法で持ち上げようとする姿は、非常に可愛らしいですね。

■詳細情報
・名称:Alnwick Castle
・住所:Alnwick Castle, Alnwick, Northumberland NE66 1NQ
・アクセス:「エディンバラ」から電車で1時間の「Alnmouth駅」下車。そこからタクシーまたはバスで10分。
・料金:大人£14~、子供£7.20~
・公式サイトURL:http://www.alnwickcastle.com/default.aspx

 

8.「ゴースランド駅」(ホグズミード駅)

Sarahさん(@sarahmyc17)が投稿した写真 – 2016 4月 26 11:09午前 PDT

ホグワーツ特急の終着駅といえば「ホグズミード駅

国立公園の中にあるグロスモントとピカリングを結ぶノースヨークシャ・ムアーズ鉄道の途中駅で、今でも期間限定で蒸気機関車が走っています。少々アクセス難易度の高いロケ地の一つですが、ハリポタファンには欠かせないスポットです。

「ハリーポッターと賢者の石」で、列車がこの駅に到着した時に、ホグワーツの生徒たちがハグリットの大きさに驚いたシーンが特徴的ですね。

■詳細情報
・名称:Goathland Station
・住所:Goathland, Whitby, North Yorkshire YO22 5NF
・アクセス:ロンドンの「キングスクロス駅」から約3時間で「Middlesbrough」駅に下車。そこから乗り換えて1時間かけてグロモントヘロモントへ(所要時間:約1時間)
・公式サイトURL:http://www.nymr.co.uk/timetables-and-fares/timetable/
・備考:期間限定で蒸気機関車が走行

 

9.ホグワーツの廊下グロスター大聖堂

shutterstock_223844917

1 2
Pocket はてブ

Writer

こんにちは。TABIPPO学生スタッフの高園みさとです。

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

FEATURED特集

特集一覧へ

RANKINGカテゴリーランキング

映画