インドの治安は?物価は?ビザは?インド旅行の基本情報まとめ

Pocket はてブ

若い旅人を中心に大人気のインド。しかし、具体的にどのような場所か気になるところでもあります。そこで、今回はインドの基本情報をコンパクトにまとめてみました。

*編集部追記
2016年12月に公開した記事に新たに加筆しました。(2017/8/24)
2016年11月時点での情報なので、実際に訪れた方で古い情報を見つけた方はmedia@tabippo.netまでご連絡ください。

 

インドに行ってみての感想

photo by shutterstock

私がインドを訪れたのは2010年の夏頃でした。場所にもよりますが予想していた通り非常に暑く、湿度も高かったです。インドは、混沌とした国、なんでもありの国で、初めての方はカルチャーショックを受けると思います。

しかしながら、インドらしいカオスな雰囲気も慣れれば本当に居心地がよく、世界中からの旅行者が数多く見受けられました。インドには、言葉だけでは表せない、絶対に自分の目で見て足で歩いて感じて欲しい!そう強く思う、不思議な魅力が詰まっています。

 

同じインドでも、北部と南部では歴史、文化、食材や使われるスパイスも異なります。キーマカレーやバターチキンカレーは、南インドで食べられることは、ほぼありません。インドは広いので様々な民族、風習などを感じることができると思います。

物価も安く、ご飯もおいしく、インターネット環境もそこまでは悪くないので、旅行するにはもってこいの国だと感じました。

 

旅行のルート

photo by shutterstock

私はネパールから陸路で入国し、一気にバスでバラナシへと向かいました。バラナシで2週間滞在したのち、そこからバスでブッタガヤに向かい、5日間滞在しました。

そこからパキスタンに抜けるため、一気にニューデリー、パキスタンの国境街・アムリトサルへと電車で向かいました。

インドは、バス、電車はもちろん、LCCが発達しており、様々な航空会社があります。自分のスケジュールやルートに合わせて、どの方法で移動するか検討してみてはいかがでしょうか?

 

おすすめの都市

photo by shutterstock

私がおすすめする都市は、仏教の聖地と言われるブッダガヤです。特に12月初めに行われる仏教のセレモニーには、世界各地から仏教の修道僧が多く集まります。

仏教には四大聖地と言われる場所がありますが、そのうち3つがブッダガヤから近いので、聖地巡りをするのも良いでしょう。ブッダガヤの中心には、世界遺産に登録されているマハーボディ寺院があるので、ぜひ足を運んでみてくださいね。

 

物価

基本的にインドの物価は安いです。安いゲストハウスですと、1泊700円くらいで泊まれます。節約すると1日2000円台で過ごすこともできますが、あまり無理をすると体が疲れてしまうでしょう。メリハリを付けて楽しむのがコツかもしれません。

 

治安

問題は治安です。と言ってもイメージされるほど危険な国でもありません。それでも犯罪に遭遇しないために情報の収集は大切です。例えば、宿に着いたら町の危険地域を把握しましょう。

もちろん、外務省の海外安全情報もチェック。そして、旅行者が集うFACEBOOK上の掲示板も役に立ちます。FACEBOOKでは詐欺グループを顔写真入りで紹介していることもあります。

女性の方は暗くなったら1人で行動するのは控えるようにしましょう。宿の人達とグループで旅行するのもアリかもしれません。

 

気候・服装・旅行シーズン

「インドは暑い国」そのようなステレオタイプを持っていませんか?「インド」と言っても地域や季節によって、気候や気温が大きく変わります。

インドは大きく3つの季節(雨季、乾季、暑季)に分けられます。雨季は6月~9月、この時期に南インドに行くのは控えましょう。乾季は11月~2月、北部地域では朝晩を中心に冷え込みます。暑季は3月末から雨季の間、特に北インドでは気温が急激に上がるので気をつけましょう。

 

通貨


インドの通貨は「ルピー」です。レートは2016年11月現在、1ルピー=1.65円となります。問題は高額紙幣です。インド政府は11月8日、突然500ルピー札と1000ルピー札の使用を禁止しました。

現在、自体は流動化しており、今後も何らかの変更が考えられます。インドに渡航する際は外務省の情報を注意深くチェックすることをおすすめします。

 

ビザ

インドに渡航する場合は「ビザ」が必要です。問題はビザの取得方法です。インドのビザの取得方法は頻繁に変わり、かつ複雑(写真の規定、書類の間違いに厳しい)なので、渡航する際にはビザ取得の最新情報を把握しておきましょう。

一般的な観光ですと「観光ビザ」と「インドeツーリストビザ」の2種類があります。「インドeツーリストビザ」の場合、パスポートのスキャン、デジタル写真、手数料を用意した上でオンライン申請をします。正常に処理されると24時間以内でビザが発行されます。

なお、2016年3月からアライバルビザが復活しています。アライバルビザが取得できるのはインドにある6つの空港です。空港にある「Visa on Arrival」に行き、手続きを済ませばビザが取得できます。

1 2
Pocket はてブ

WRITER

yamboro
yamboro
オランダのアートアカデミーでイラストとグラフィックデザインを勉強中。現在は休学して、旅をしながらノマド的生活を送っている。マイナーな国に行くのが好き。現在中央アジアを放浪中。

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

RANKINGカテゴリーランキング

インドのおすすめ観光スポット・旅行情報一覧

FEATURED特集

特集一覧へ