ペルーで徐々に標高を上げて高山病を防ぐ方法

Pocket はてブ

こんにちは。世界を旅する栄養士たけひろです。マチュピチュ、ナスカの地上絵、チチカカ湖など、世界的にも有名な観光スポットが多くある国ペルー。ぜひとも一度は訪れてみたいものですよね。

僕もずっとそう思っていました。しかし、高山病や盗難なんかに合わないか不安だし、南米にちゃんとした長距離バスや綺麗な宿はあるの?そんな心配を抱えている人も多いと思います。

 

そこで今回は無計画でペルーに行った僕が、高山病にもかからずペルー各地を快適に回った方法をご紹介します。

 

ペルー各地を回るために利用した旅行会社「PERU HOP」

peru_0045

photo by TAKEHIRO

南米に入った当初の僕はペルーのマチュピチュ行って、ボリビアのウユニ塩湖見ること以外は何も決めずにペルーに来ました。無計画でひとまずペルーのリマに着いた僕は、日本人宿のお宿桜子に泊まることに。

そこの宿で僕が教えてもらったのが、PERU HOPというペルーの観光名所を長距離バスでつないでいるツアー会社。このツアー会社を利用することで、割安で快適に安心して旅行することが出来ました。

このツアー会社の特徴として、

①チケット購入後1年間であれば、どの街に何泊しようと旅のスケジュールは自由自在
②ペルーの観光名所はほぼ網羅している
③各都市の宿やツアーを特別価格で利用可能
④バスが綺麗でセキュリティもしっかりしている
⑤サービスが先進国並みのクオリティ
⑥ボリビアへ抜けるの際には姉妹店「BOLIVIA HOP」でボリビアのラパスまで行ける
⑦自分で手配するローカルバスの値段とさほど変わらない

というもの。何も決めていなかった僕にとっては本当にありがたいものでした。

 

徐々に標高を上げて高山病知らず

peru_0489

photo by TAKEHIRO

僕がペルーを周ったのは、PERU HOPがオススメしているリマからパラカス、ワカチナ、ナスカ、アレキパ、クスコ、プーノへと徐々に標高を上げていくルート。

僕はナスカとクスコしか知りませんでしたが、このルートだとペルーの観光名所をほぼ網羅できます。

 

またこのルートで行くと、徐々に標高が上がっていくため高山病になりずらいそう。アレキパという街の近くにあるコルカキャニオンのツアーに参加すれば、標高3000〜5000mの場所に行くことができます。

そこで身体を慣らすことができるので、いざクスコの3399mに行っても高山病を起こさずに済みました。高山病にかかる人の多くは、日本やリマからいきなりクスコに行く人が多いそうですよ。

 

バス・宿・ツアーの手配ほとんどやらなかった

PASONA_23_TP_V

photo by pakutaso

旅をする上で一番めんどくさい各種予約手続きですが、今回はPERU HOPでほとんど済ませてしまったので全然やりませんでした。

1 2
Pocket はてブ

WRITER

世界を旅する栄養士 TAKEHIRO
世界を旅する栄養士/1991年生まれ/東京農業大学卒/栄養士    タニタ食堂で勤務経験を持ち、食べることが大好き。 大学時代に初海外をオーストラリアでワーキングホリデーをする。 地獄のよう…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

RANKINGカテゴリーランキング

ペルーのおすすめ観光スポット・旅行情報一覧

FEATURED特集

特集一覧へ