社会人でもできる英語の勉強法8選

Pocket はてブ

今回は社会人でもできる英語の勉強法を教えます。社会人は忙しいですが、それでもスキマ時間や休日を利用して英語の勉強ができます。それでは早速、見ていきましょう。

 

1 英会話スクールに通う

max16011508-3_TP_V

Photo by pakutaso

真っ先に思い付くのが英会話スクールに通うことではないでしょうか。ECC、AEON、ベルリッツなど、数多くの英会話スクールが存在します。確かに、レベル別にレッスンが用意されており効率的ですが、お値段は決して安いものではありません。きちんと、計画的に利用したいものです。

 

2 英会話喫茶に通う

PAK88_coffee_TP_V

Photo by pakutaso

「英会話スクールは値段が高いけど、外国人と直接、英語で話したい」そのような方は英会話喫茶がおすすめです。英会話喫茶とはお茶を飲みながら、英会話が楽しめるお店のことを指します。

ただし、ある程度英語が上達してから英会話喫茶に通うことをおすすめします。なお、英会話喫茶は英会話スクールのような大手ではありませんので、インターネットでチェックしましょう。

 

3 インターネットスクールを利用する

gori0I9A3007072101709_TP_V

Photo by pakutaso

最近、流行しているのがインターネットを使った英会話スクールです。これはスカイプなどを利用し、実際にオンラインで相手の顔を見ながら英語を学びます。

代表的なものとしてはDMM英会話、レアジョブ、ベストティーチャーが挙げられます。メリットは気軽に割安で英語が学べること。デメリットとしては一部のスクールでは非英語圏の先生が混ざっていることです。

 

4 電車の中で英単語を勉強する

PAK75_yakanodensya20140706_TP_V

Photo by pakutaso

英語の力を向上するにはどうしても単語の力が必要となります。単語は電車の中で覚えましょう。電車の中でなくても、スキマ時間を使うのがコツです。できれば、CD付きの単語帳を利用するといいでしょう。おすすめの単語帳としてはキクタン、DUO3.0、新TOEIC R TEST 出る順で学ぶボキャブラリー990が挙げられます。

1 2
Pocket はてブ

Writer

国鉄が民営化された1987年生まれ。神戸市出身です。高校の時に読んだある小説の影響で、中央ヨーロッパ、東ヨーロッパ、ロシアに強い関心を持つことに。大学、大学院ではユーゴスラビアのことを勉強していました。2016年3月からライターとして神戸で活動しています。 直近では2015年9月から3ヶ月間、友人を訪ねながら、ヨーロッパ14カ国をめぐる旅を決行。ただ、イギリス、フランス、イタリア、スペインなどの西欧諸国には行ったことがありません。

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

FEATURED特集

特集一覧へ

RANKINGカテゴリーランキング

世界遺産や絶景まとめ