キャンピングカー

卒業旅行はアメリカ大陸横断へ!実際のルートや費用をまとめました

キャンピングカー
Pocket はてブ

「アメリカ横断」と聞くと、なんだかワクワクしませんか?仲間たちと何日も一緒に過ごす旅、涙が溢れるほどの絶景……一度経験したなら、間違いなく忘れられない思い出になります。「いつかしてみたい」と思っているなら、迷わず決断しちゃいましょう!

大変そうに見えるアメリカ横断、実は簡単にできちゃうかも?さあ、卒業旅行はぜひアメリカ横断へ!

 

アメリカ横断といったらキャンピングカー!

広大なアメリカを横断には、少なくとも1週間はほしいところ。毎日ホテルやモーテルに泊まるのもいいですが、せっかくアメリカを旅をするんだから「キャンピングカー」なんていかがですか?生活するには申し分ない設備が揃っているし、寝るスペースもしっかり確保できているので快適に過ごすことができます。

私たちは2017年10〜11月の約1ヶ月間、7人でアメリカを横断してきました!

 

キャンピグカーレンタルの手続き

最初にキャンピングカーに関するビデオを鑑賞。ビデオが終わるとカウンターに案内され、必要な書類提出、記入などを行っていきます。

ちなみに、レンタル時の手続きで必要となるのは下記の持ち物。

◆主たる契約者に必要な物
・パスポート、日本の免許証、国際免許証(またはDLT)、クレジットカード、バウチャーの5点。
※クレジットカードは利用枠として、1,000$のデポジットがあるものをご用意ください。
(セキュリティデポジットとして(免責1,000$)使用します。複数枚でも可)◆追加で運転する方
・パスポート、日本の免許証、国際免許証(またはDLT)の3点

国際免許証の代わりとなるDLT(運転免許翻訳フォーム、Driver License Translate)は、エルモンテで発行(1枚1,000円)することができます。発行には日本の免許証のみあればOK(コピー、PDF、画像データでもOK)。こちらは、日本で準備しておきましょう。

 

気になるキャンピングカーの設備

FS-31という8人乗りのキャンピングカーには2段ベッドがついており、8人全員にゆったりとしたベッドが備えられています。普段はテーブルとして使う場所、あっという間にベッドに早変わり。

廊下には、冷蔵庫と冷蔵庫。ファン(換気)、冷房、暖房が備え付けられています。国立公園近くはかなり冷え込むこともあったため、暖房を使うことが多かったです。

ガスコンロは3口あるため、調理で困ることもありません。上には電子レンジ、そしてコンロの下にはオーブンも備え付けられています。

また洗面台、トイレ、シャワーがついていますが、私たちのグループが使用したのは数回ほどでした。

 

人数が多いほどお得!

業界大手のエルモンテ社では、車両のレンタル料金は各営業所の予約状況や、出発地点によって変動するフレックス制を導入。とくに夏場などのハイシーズンでも、早めのレンタルを心がければ低価格にて利用することが可能です。

RV2 photo by elmonterv-japan.com

■FS31 2段ベッド完備で最大8名での就寝が可能!
・全長:9.4~9.7m
・室内サイズ:高さ203cm、幅243cm
・エンジン:6.0リットル、FORDガソリンエンジン
・設備:エアコン、暖房機、発電機、水洗トイレ、シャワー、シンク、温水装置、大型冷蔵庫、ガスレンジ、電子レンジ、オーブン、排水タンク(ブラック=147リットル、グレー=113リットル)、清水タンク(155リットル)、プロパンガス(68リットル)、ガソリンタンク(208リットル)
※レイアウトは車種により異なる場合があります。
・レンタル料金:$322.00~(日本円にして約3万6千円/各シーズンの1泊2日のレンタル料金)

 

アメリカ横断のルート

私たちのアメリカ横断のルートはこの通り。ロサンゼルスから出発し、グランドサークルを抜けた後は徐々に南下。ヒューストンやニューオーリンズを通過し、マイアミまで降りた後に一気にニューヨークまで上がりました。

私たちのような南のルートだと少し時間はかかってしまうのですが、南部の雰囲気を楽しめたりマイアミで観光できたりしたのでおすすめです!旅の日数は32日間、走行距離はなんと10,600キロでした。

ルートを決める際には、どこが外せないスポットなのか、無理のない計画か、メンバーとよく話し合いましょう。またメンバーを探す際には、東スタート、西スタートどちらで考えているのか、行きたいスポットなどを事前に公表しておくと、メンバーが見つかりやすくなるかもしれません。

 

アメリカ横断にかかったお金

7人で使った合計金額は173万円でした。1人辺りにするとキャンピングカー代も入れて25万円、キャンピングカー代を抜くと15万円。

内訳としては、キャンピングカー料金(保険やオプションも含む)が69万円、ガソリン代が32万円、食費が14万円、RVパーク代が19万円、高速道路の料金が1万円、その他(車の修理費やUBER代、観光地の入場料など)40万円でした。

私たちはほぼ毎日RVパークに泊まっていましたが、そこを削ればもう少し節約できると思います。他のチームと比べると、少し高いくらいだったようです。

 

アメリカ横断中に印象的だったスポット

もっとも印象に残った景色は、モニュメントバレーで見た星空。今まで見た中で一番綺麗で感動したのを覚えています。周りに高い建物も明かりもないため、肉眼で天の川が見えるほど。

地平線まで続く星空に興奮した私たちは、ただただ夢中になって写真に収めようと必死でした。

 

ラジオで振り返るアメリカ横断11,000km

#アメリカ横断する編集部 として、仕事をしながらアメリカ横断11,000kmを達成したルイス前田と阿部サキソフォンでアメリカ横断について話をしました。

 

1 2
Pocket はてブ

WRITER

TABIPPO.NET編集部
若者が旅する文化を創る!
全員が世界一周を経験したメンバーが学⽣時代に作った組織がTABIPPOです。設立して4年半、2014年4⽉に株式会社になりました。とにかく旅が好きで、たくさんの人に旅を広めたいと思っ…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

EVENTイベント情報

TABIPPOでは、全国で毎週「旅」をテーマにしたイベントを主催していますので、ぜひお気軽に足を運んでみてくださいね ♪

旅大学のWEBサイトを見る

GOODS旅に出たくなる商品

TABIPPOのモノづくりブランドPAS-POLでは、あなたにオススメな「旅グッズ」をたくさんご用意していますので、 ぜひチェックしてみてくださいね♪

オススメの旅グッズを全て見る

RANKINGカテゴリーランキング

アメリカのおすすめ観光スポット・旅行情報一覧

FEATURED特集

特集一覧へ

EVENTイベント情報

GOODS旅に出たくなる商品