バックパッカーの聖地タイを最高に楽しむ10つの観光スポット

バックパッカーの聖地タイを最高に楽しむ33の観光スポット

バックパッカーの聖地タイを最高に楽しむ10つの観光スポット
Pocket はてブ

みなさん、夏休みの旅の計画はお進みですか?これからバックパッカーデビューしようとお考えの方も多いのではないでしょうか。今回は、世界中から多くのバックパッカーが集まるタイのオススメスポット、楽しみ方をご紹介しようと思います!是非旅の参考にしてみてください。

 

1.バンコク

首都バンコクは古さと新しさが同居する街。絶対に行ってほしい場所の1つです!

1-1.カオサンロードでバックパッカーと交流

th_Khaosan_road

photo by Wikipedia

言わずと知れた、バックパッカーの聖地!安宿や飲食店が多く、楽しい夜を過ごせるはず!

 

1-2.ショッピングモールを散策

中心部は最先端感満載のデパートやショッピングモールがあります。見るだけでもよし、ショッピングするもよし!行く予定のある方は綺麗な服を持っていくことをお勧めします。さすがにTシャツ、タイパン、クロックスだと相当恥ずかしかったです。笑

 

1-3.寺院巡りでタイを満喫-ワット・アルン

ワット・アルン

photo by shutterstock

バンコク市内には沢山の寺院があり、メジャーな観光スポットとなっています。現地の人々も多く訪れ、お祈りをしているようです。日本ではあまり見る機会の無い、宗教的な側面を見ることができるのではないでしょうか。

 

1-4.水上マーケットでアジアの雰囲気を感じる

th_shutterstock_75807049

photo by shutterstock

一番有名なのはダムヌン・サドゥアック水上マーケットです。バンコクからはバスで2時間半近くかかりますが、この風情ある場所に足を運ぶ価値はあるかと思います。マーケットを回るには、船のチャーターが必要となります。ツアーなどを利用するのが安心です。

 

1-5.ワット・プラケオ

4570951724_b55b9b710d_b

photo by  yeowatzup

エメラルド寺院の総称である、ワット・プラケオは現地タイ人にも人気のスポットです。タイの最高寺院の一つであり、王室行事も多く行われております。きらびやかな建物や歴史深い建物が多く、これぞタイ寺院といってもいいのではないでしょうか?

■詳細情報
・名称: ワット・プラケオ
・住所: Thanon Naa Phalaan khween Pra-Barom Mahaa-Rachawang, Khet Phranakhorn
・アクセス:MRTフアランポーン駅からタクシーで12分
・電話番号:0-2221-5315
・拝観時間:8:30 ~15:30(最終入場)
・休業日:基本的に無し。ただし国家行事、王室行事がある場合、一般参観は停止されます。
・料金:500バーツ(身長120cm以下は無料)

 

1-6.ワット・ポー

2243334152_5363941310_b

photo by  jurvetson

バンコク最古の歴史を持っているともいわれる寺院の一つです。ここでは、日本では珍しい横になった大仏を見ることができます。大きさは、横約46m、縦約15mと巨大な涅槃仏は、非常に神々しい雰囲気を醸し出しております。

■詳細情報
・名称:ワット・ポー
・住所:329/25-28 Maharaj Rd., Prabarommaharajchawang Pranakorn Bangkok 10210
・アクセス:ワット・プラケオをでて左の方へ進んでいくとマハラート通り”との交差点があるので横断歩道の反対側へ行き、また左のほうへと歩いていきます。“マハラート通り”をひたすら道なりに約700m歩いて行くと“タイワング通り”との交差点があります。交差点を反対側に渡ったところにあるのが「ワットポー」です。
・営業時間:08:00-17:00
・定休日:年中無休
・電話番号:0-2226-0369
・料金:入場料:100バーツ

 

1-7. ジムトンプソンの家

7053143165_24b231c827_b

photo by David McKelvey

かつてアメリカの実業家でありタイのシルク王であった事務・トンプソンがマレーシアで謎の失踪をするまでにすんでいた家です。東南アジアの芸術作品や仏教作品などを収集していたので、それらを見ることができます。

また、建物自体も、通常とは異なるタイ中の様々な建築様式を取り入れているので見ていて飽きることはないでしょう。

■詳細情報
・名称: ジム・トンプソンの家
・住所: 6 Kaseman Soi 2, Rama 1 Road Bangkok 10330
・アクセス: BTSナショナル・スタジアム駅W1から徒歩約10分
・営業時間: 9時00分~17時00分
・定休日: なし
・電話番号:2-216-7368
・料金: 大人100バーツ、子供50バーツ
・所要時間: 1時間
・公式サイトURL:www.jimthompsonhouse.com

 

1-8. ウィマンメーク宮殿

364494010_88e29f4f20_b

photo by Akarat

かつて、ラーマ5世が住まわれた非常に美しい宮殿です。そのことからも雲の上の家と比喩されてる建物であります。ここの建物は、すべてチーク材で作られている世界的にも有名な建物です。さらに建物以外にも中のインテリアが非常に美しく、女性ではあこがれてしまうような宮殿ではないでしょうか。

■詳細情報
・名称: ウィマンメーク宮殿
・住所: Vimanmek Mansion Ratchawithi Road, Dusit, Bangkok 10300
・アクセス:パヤタイ駅からタクシーで13分
・電話番号:02-628-6300
・営業時間:09:30-16:00
・休業日:タイの祝祭日
・入場料:100バーツ

 

1-9.スネークファーム

9269666744_cc25430e0d_c

photo by Madeleine Deaton

こちらは、世界で2番目に大きいスネークファームです。ここではいたるところに蛇がいるのでおっかなびっくり中をめぐることができます。でも安心してください。ここの蛇は毒をもっているものでも牙を抜いてるので毒に侵される心配はないのです。

また、ここでは蛇の曲芸や大きなニシキヘビを機首に巻くことができるので、ある意味一生の思い出になるのではないでしょうか?

■詳細情報
・名称: スネークファーム
・住所: 1871 Rama Ⅳ Road, Bangkok 10330 Thailand
・アクセス:サムヤーン駅2番出口から出てシーロム駅に向かって歩いて行くとすぐ見えてきます。(大通りを右側に見ながら歩いてください)
・営業時間:平日 8:30 〜 16:30 土日/祝日 8:30 〜 12:00
・電話番号:0-2252-0161-4
・料金: 大人70バーツ 10歳以下は無料
・所要時間: 2時間

 

1-10.ヤワラート(チャイナタウン)

4245968169_8a97c81e67_b

photo by  yeowatzup

タイ版横浜中華街のようなスポットです。ですが、非常に多くの料理店が並んでいるうえにふかひれなどの高級食材を日本よりも安く食べることができます。タイ料理をずっと食べていたら飽きてしまうという方には、非常に良いスポットではないでしょうか?

■詳細情報
・名称: ヤワラート(チャイナタウン)
・住所: Yaowarat Road ,Samphanthawong,Samphanthawong,Bangkok
・アクセス:フワランポーン駅から徒歩10分
・営業時間:店による
・休業日:店による
・電話番号:02-2333591
・料金:無料
・所要時間:1時間

 

1-11.サムプラン・リバーサイド(旧ローズガーデン)

5813416924_11a6b87e6f_b

photo by  GiuseppePortale_CartOrange

日本から行くツアーの定番スポットの一つです。タイの文化や伝統を知ることのできる施設が多くあるので、気軽にタイを知ることができます。また、ここでは象に乗ることができます。見ただけでも非常に大きいですが、乗るとさらに大きさを実感するので一度乗ってみてください!

■詳細情報
・名称: サムプランリバーサイド(旧ローズガーデン)
・住所: Km.32 Pet Kasem Rd., Sampran, Nakorn Pathom 73110
・アクセス:バンコク新南ターミナルからナコンパトム行き旧道経由のバスで約55分
・電話番号:0-3432-2588-93
・営業時間:8:00〜18:00
・定休日:なし
・料金: 大人400バーツ(120㎝以下は無料)
・所要時間: 3時間
・公式サイトURL:www.rose_garden.com

 

1-12.サイアムスクエア

4375725255_5da1e49ee6_b

photo by  ruben i

自然や歴史建造物もいいですが、都会もどうですか?ここサイアムスクエアは流行の発信地としても知られており、日本でもあまりないくらいの大きなデパートがあります。タイの最先端アイテムをチェックしてみませんか?

■詳細情報
・名称: サイアムスクエア
・住所: 991 Rama 1 Road, Pathumwan, Bangkok
・アクセス:BTSサイアム駅直結
・営業時間: 10:00~22:00
・定休日: なし
・電話番号: 02-610-8000
・料金: 無料
・所要時間: 2時間
・公式サイトURL: http://www.siam-square.com/

 

2.チェンマイ

バンコクとは一転して、静かで落ち着ける街。自分が行ったときは日本人は宿以外で会うことはほとんどありませんでした。バンコクより物価も安く、ゆっくりした時を過ごすにはオススメです。

 

2-1.ナイトマーケットを歩く

ナイトマーケットがとっても楽しいです。食べ物も雑貨も盛りだくさんで、飽きることがありません。特に週末だけ開催される大きなマーケットはオススメです。どうしても行きたくて、バスを乗り継いでラオスからチェンマイまで一気に行きましたが、行く価値ありです!

 

2-2.象に乗る

th_301800_375454255848642_149546113_n_th

photo by タビフレ!

 

2-3.コムローイを見に行く!

毎年秋に行われる、コムローイ祭り。ディズニーのラプンツェルのモデルにもなったと言われるこのお祭りは、とっても幻想的です。年によって日程が違いますが、一見の価値あり。幻想的な気分に浸れますね。

他にも、チェンマイには市場やカフェ、小さなギャラリーなどがたくさんあり、散策のしがいがあります。 レンタサイクルを借りるのもオススメです。

 

1 2
Pocket はてブ

WRITER

TABIPPO.NET編集部
TABIPPO.NET編集部
若者が旅する文化を創る!
全員が世界一周を経験したメンバーが学⽣時代に作った組織がTABIPPOです。設立して4年半、2014年4⽉に株式会社になりました。とにかく旅が好きで、たくさんの人に旅を広めたいと思っ…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

FEATURED特集

特集一覧へ

RANKINGカテゴリーランキング

タイのおすすめ観光スポット・旅行情報一覧