男子は見ちゃだめ♡バックパッカー女子が、思わず「わかる〜!」と言ってしまう19のこと

Pocket はてブ

「バックパッカー」という言葉を聞くと、なんとなく思い出してしまうイメージといえば男性。

だけど女だって一人で世界を旅する時代。か弱いだけが魅力じゃない!私たちだって、世界を自分の足で歩き、自分の本能に従ってみたいのです。

今回は、そんな大胆で好奇心旺盛なバックパッカー女子たちが世界を回るなかで、だれもが一度は経験しているであろう「バックパッカー女子あるある」を集めてみました!

 

初対面の人には、必ず「危ないよ」と言われる

shutterstock_216207262

photo by shutterstock

女子バックパッカーはいつも危険と隣り合わせ。

だからこそ、初対面の人と仲良くなって、「私ひとり旅すきなんだよね〜!」と言うと、必ず「えっ、女の子一人で旅するなんて危ないよ…」という言葉が返ってきます。

いや、でもよく考えたら、初対面のひとじゃなくても、親や友達にいつも心配されてる気がしてきた…

 

本当はめっちゃビビリ

shutterstock_144045529

photo by shutterstock

耳にタコができるほど皆に言われている「危ないよ」という言葉。でも、そんなことは自分が一番わかってるんです。

ドミトリーに泊まるのだって、タクシー乗るのだって、夜じゃなくても昼間歩くのだって、いつどこで何が起こるかわからない。

好奇心旺盛だから怖いもの知らずっていうイメージがあるかもしれないけれど、そんなわけがない。

自分の身は自分で守らなきゃいけないって自覚してるからこそ、実は必要以上にビビってます。

 

正直バックパックは重すぎる

shutterstock_366349535

photo by shutterstock

旅に出て、「いろんな場所に行きたい!楽しい!」といくら気持ちのなかで思っても、やっぱり身体は女の子。

何十リットルという荷物を背負って、街をフラフラしたり、移動するのは本当に辛い。

肩も痛いし、腰も痛いし、ヨロヨロするし…長距離歩いていると、「ああ、もう!ええーい!」って言って投げ飛ばしたくなります。

 

気を抜いたら後ろに倒れそうになる

shutterstock_81212095

photo by shutterstock

バックパックを背負ってボケーっと油断していると、誰かとぶつかられたときに本気で倒れそうになります。

また、しばらくひとつの箇所に長期滞在していて、ひさしぶりにバックパックを背負ってみると予想以上に重くて「おっと…こんな重かったっけ…」と呆然としてしまうこともしばしば。

 

バックパックに背負われるよ!って言われる

shutterstock_287717822

photo by shutterstock

バックパックには、長期旅行用だと大きくて50センチを超えるものがあります。

もちろん自分が背負えるものを購入しているつもりですが、いざ荷物を詰めてみるとパンパンになって、想定外の重量感にたじろぎます。

 

そして、それを頑張ってよいしょと背負ってみたはいいものの、「後ろから見たらバックパックが歩いてるみたい!」と、しょっちゅう男性旅人にからかわれます。

…あの〜、からかう暇があったら、この荷物持ってくれると有難いんですが。

 

旅中の生理は、本気で辛い

shutterstock_319170086

photo by shutterstock

世界の女性共通の悩み、生理。こればっかりは、本当に悪者扱いもできないし、仕方がないこと。

でも…旅中の生理ほど、煩わしいものはない。

いつ来るか教えてくれないし、こっちの要望も聞いてくれない。何十時間もかけて絶景を見に来てるにも関わらず、絶妙なタイミングで下腹部を本気でいじめてきたり。

生理痛の薬は、絶対に必需品です。

 

旅中のブラジャーは、ノンワイヤー

shutterstock_324605933

photo by shutterstock

旅中でも、ボディケアはできるだけ怠りたくないのが本音(一応)ですが、とはいえ旅先にとっておきの勝負下着は持って行きたくない。

だって、いつどこで洗濯できるかわからないし、綺麗なブラジャーの形を崩したくないし…

そこで登場するのが、女子バックパッカーの強い味方「ノンワイヤーブラジャー」。カップ付きのキャミソールも、移動が多いバックパッカーにとって欠かせない。

 

一応化粧品は持つ→最終的にBBクリームだけになる

shutterstock_326260094

photo by shutterstock

旅先だって、可愛く見られたい。だって、旅先で何が起きるかわかんないし…

って気合いを入れて、一応すこしは化粧道具を持って行ったはいいものの、結局面倒臭くなって

アイブロウとBBクリームとチークと色付きリップ→アイブロウとBBクリームとリップ→BBクリーム

という具合に徐々に減っていきます。

 

雑貨を買い占めたいのにバックパックに入らない

shutterstock_306675833

photo by shutterstock

東南アジアや南米、北欧…などなど、世界中どこにでもある、女子が大好きな雑貨屋さん。ナイトマーケットなど、特に安く買える場所に訪れてしまうと、もう大変です。

「かわいいぃぃぃぃ!!!…けど、バックパックに入らない!!!」と勝手に自分のなかで悶え苦しみます。

1 2
Pocket はてブ

Writer

立教4年。海が見える教室で高校生活を送った湘南育ち。TABIPPOのメディアでライター/編集者として働き、現在はプロダクトでPRを担当しています。

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

FEATURED特集

特集一覧へ

RANKINGカテゴリーランキング

女の子・女子旅