香港の海外フェス「Clockenflap Music and Arts Festival(クロッケンフラップ・ミュージック・アンド・アーツ・フェスティバル)」の魅力

Pocket はてブ

皆さんは海外フェスへ行ったことはありますか?世界中から音楽好きの仲間が集まり、特別な高揚感と笑顔を共有するフェスティバル。

本記事では海外フェスに人生を注いだ著者、津田昌太朗さんの書籍「THE WORLD FESTIVAL GUIDE」に掲載されている海外フェスの情報をまとめました!


津田昌太朗さん

1986年兵庫県生まれ。大学卒業後、広告代理店に入社。「グラストンベリー」がきっかけで会社を辞めイギリスに移住し、海外フェスを横断する「Festival Junkie」プロジェクトを立ち上げる。現在は、日本国内の音楽フェス情報サイト「Festival Life」、海外フェス情報サイト「feslavit」を運営しながら、雑誌連載やラジオ番組のパーソナリティなど、フェスカルチャーをさまざまな角度から発信し続けている。ワタナベエンターテインメント所属。Instagramアカウントはこちら

 

あの時の自分のように「いつかあの場所に行ってみたい」とか「いつかあのアーティストを観てみたい」と思っている人の “いつか”をふき飛ばしたい。大好きなアーティストが日本に来ないと嘆く暇があったら、こちらから出向いてやればいい。SNSで世界中のどこの景色だってすぐに見られるような時代だからこそ、その場所に行かないと分からないことがある。好きなものがあれば、僕たちはどこへだって行ける。

本書は、フェスティバルに魅せられ、フェスティバルにすべてを注いだ男、津田昌太朗の人生が詰まった本。きっとあなたがまだ知らない「フェス×旅」の素晴らしさをお伝えします。

\書籍の購入はコチラ/

 

Clockenflap Music and Arts Festival / クロッケンフラップ・ミュージック・アンド・アーツ・フェスティバル

アクセス、予算、時差、すべてにおいて日本から最も行きやすい海外フェス

photo by ©Chris Lusher

クロッケンフラップは、2008年にスタートした香港のど真ん中で開催される都市型野外フェスティバル。会場は高層ビル、ホテル、ショッピングモールが立ち並ぶ香港島のセントラル・ハーバーフロント。空港から最寄りの香港駅までエアポートエクスプレスで約30分ということもあり、日本からのアクセスも簡単。

欧米の大規模フェスがオフシーズンということもあり、2018年には、DavidByrne、2017年にはThe Prodigy、2015年にはThe Libertinesなど、その年の夏に欧米のフェスで活躍した大物が出演することも多い。

photo by ©Kitmin

最近では日本からも、Cornelius、水曜日のカンパネラ、SEKAI NO OWARIらが出演した。フェスの正式名称からも分かるように、音楽以外にもアートに力を入れており、会場内のいろんな場所にあるアート作品や子ども向けのアトラクションも充実している。

日本からの行きやすさもあり、年々日本人の参加者も増加中だ。

■詳細情報
・開催国・都市:Hong Kong(香港)
・開催地:Central Harbourfront Event Space(中環海浜活動空間)
・アクセス:日本から飛行機で約5時間。香港国際空港から会場の最寄り駅の中環駅までエアポートエクスプレスで30分程度。そこから徒歩10分程度で会場着。香港駅でインタウン・チェックインも可能なので、最終日は荷物を預けてからフェスに参加することも可能。
・スケジュール:11月下旬(2019年は11月22日~24日)
・最近の出演アーティスト:Erykah Badu, Interpol, David Byrne, Khalid, Jarvis Cocker, Massive Attack, The Prodigy, Kaiser Chiefs, Feist
・滞在スタイル:会場周辺の中環駅周辺やそこから電車で10分程度の灣仔、銅鑼灣付近での宿泊が便利。日本からの参加者も多いので、大人数でAirbnbを借りるのもあり。
・チケット:その年の開催が終わるとすぐに翌年のチケットが販売開始。1日券か3日券を選ぶことができる。早めに買うと安く購入できるので、参加が決定している場合は早めに購入しておくとお得。
・公式サイトURL:www.clockenflap.com

 

日本人アーティストを観れば、新たな魅力が見えてくる

photo by ©Mariko Kurose

海外フェスの醍醐味のひとつは、日本では観られないアーティストを観ることだが、海外フェスに出演している日本人アーティストをあえて観るというのも、意外とおすすめ。わざわざ海外フェスに来て日本のアーティストを観るのは…

\続きは書籍でチェック!/

 

After movie / アフタームービー

こちらのアフタームービーは2014年と2018年のもの。動画で臨場感を味わってみよう!

 

TOWN GUIDE / タウンガイド

絶景ルーフトップバーでアフターパーティーも

photo by 「THE WORLD FESTIVAL GUIDE」より

フェス会場から見える香港の夜景も素晴らしいが、さらにその絶景を味わいたければ、街に点在するルーフトップバーがおすすめ。会場からも近く、欧米風のレストランやバーなどが集まる蘭桂坊にある「Ce La Vi」はオフィシャルのアフターパーティーが行われたことも。

会場から電車で2駅の灣仔にある「Wooloomooloo」や、会場のある香港島とは反対側の九龍半島の尖沙咀にある「Eyebar」も人気。

 

その他のピックアップ情報は書籍でチェック!

・アジア随一のアートシティを歩く / 中環(セントラル)
・有名映画やミュージックビデオのロケ地めぐり / アベニュー・オブ・スターズ他

 

「THE WORLD FESTIVAL GUIDE」で世界のフェスを楽しもう!

photo by 「THE WORLD FESTIVAL GUIDE」より

本記事の内容は、津田昌太朗さん著書「THE WORLD FESTIVAL GUIDE」に掲載されています。フェス×旅に魅せられて100を越える海外フェスに参加し、フェスティバルに人生を注いだ著書の熱意と人生が詰まった一冊。ページ数は180Pにもおよび、掲載フェス数はなんと121ステージ!

音楽が好きな方はもちろん、海外フェス経験がない方も思わず魅せられてしまう盛りだくさんな内容になっています!次の旅先の参考に、ぜひ手にとってみてくださいね!

 

書籍刊行記念トークイベントのご案内

『THE WORLD FESTIVAL GUIDE 海外の音楽フェス完全ガイド』の刊行を記念して、津田さんと編集担当の伊澤慶一さんのトークイベントが開催されます。当日は、本書の制作秘話や最新のフェス情報などをたっぷりお話しされる予定。ぜひぜひご参加ください!

■イベント概要
・日程:5月23日(木)19:30~21:00(19:15開場)
・場所:代官山蔦屋書店1号館2階イベントスペース
・定員:先着60名
・参加条件:書籍『THE WORLD FESTIVAL GUIDE』+イベント参加券のセット(3,000円/税込)もしくは イベント参加券(2,000円/税込) を購入された方
・申込方法:代官山蔦屋書店の店頭(代官山蔦屋書店3号1階レジカウンター)もしくはオンラインストアからお申し込み可能です。
Pocket はてブ

WRITER

キタトモミ
旅する愛犬家
*TABIPPO 専属ライター*​ 東京都出身、大自然に憧れるギャップ系女子。「1度きりの人生、世界を見てから死にたい!」という想いから20歳で初めての海外旅行へ。2ヶ国目のタイではタクシーで爆睡…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

EVENTイベント情報

TABIPPOでは、全国で毎週「旅」をテーマにしたイベントを主催していますので、ぜひお気軽に足を運んでみてくださいね ♪

旅大学のWEBサイトを見る

GOODS旅に出たくなる商品

TABIPPOのモノづくりブランドPAS-POLでは、あなたにオススメな「旅グッズ」をたくさんご用意していますので、 ぜひチェックしてみてくださいね♪

オススメの旅グッズを全て見る

RANKINGカテゴリーランキング

イベント

FEATURED特集

特集一覧へ

EVENTイベント情報

GOODS旅に出たくなる商品