アメリカの海外フェス「Lollapalooza(ロラパルーザ)」の魅力

Pocket はてブ

皆さんは海外フェスへ行ったことはありますか?世界中から音楽好きの仲間が集まり、特別な高揚感と笑顔を共有するフェスティバル。

本記事では海外フェスに人生を注いだ著者、津田昌太朗さんの書籍「THE WORLD FESTIVAL GUIDE」に掲載されている海外フェスの情報をまとめました!


津田昌太朗さん

1986年兵庫県生まれ。大学卒業後、広告代理店に入社。「グラストンベリー」がきっかけで会社を辞めイギリスに移住し、海外フェスを横断する「Festival Junkie」プロジェクトを立ち上げる。現在は、日本国内の音楽フェス情報サイト「Festival Life」、海外フェス情報サイト「feslavit」を運営しながら、雑誌連載やラジオ番組のパーソナリティなど、フェスカルチャーをさまざまな角度から発信し続けている。ワタナベエンターテインメント所属。Instagramアカウントはこちら

 

あの時の自分のように「いつかあの場所に行ってみたい」とか「いつかあのアーティストを観てみたい」と思っている人の “いつか”をふき飛ばしたい。

大好きなアーティストが日本に来ないと嘆く暇があったら、こちらから出向いてやればいい。SNSで世界中のどこの景色だってすぐに見られるような時代だからこそ、その場所に行かないと分からないことがある。好きなものがあれば、僕たちはどこへだって行ける。

本書は、フェスティバルに魅せられ、フェスティバルにすべてを注いだ男、津田昌太朗の人生が詰まった本。きっとあなたがまだ知らない「フェス×旅」の素晴らしさをお伝えします。

\書籍の購入はコチラ/

 

Lollapalooza / ロラパルーザ

南米や欧州にも進出!グローバル展開にも注目

photo by ©Sydney Gawlik / Lollapalooza 2018

アメリカ・イリノイ州シカゴで毎年8月上旬に開催されるロラパルーザ。短いシカゴの夏の一大イベントで、街の中心地のグラントパークにて、木曜から日曜の4日間にわたって行われる。

多くのホテルやビルが立ち並ぶミシガン湖畔の公園で開催されるので、どこからでもアクセスしやすく、宿泊施設なども充実している都市型フェス。夜は、ライトアップされたシカゴの街並みをバックにライブを楽しめる。

photo by 「THE WORLD FESTIVAL GUIDE」より

ロラパルーザの原型は、1991年にJane’s Addictionが他のアーティストとともに複数都市を回った解散ライブ。1997年にフェスは一度終了したものの、Jane’s Addictionの再結成とともに2003年に復活。

それ以降は北米のみならず、南米やヨーロッパでも開催され、各地で人気を博している。初期はグランジシーンを代表するフェスだったが、現在ではロックはもちろん、ヒップホップ、EDM、ポップスまで、様々なジャンルのアーティストが出演する。

■詳細情報
・開催国・都市:Chicago, Illinois, United States
・開催地:Grant Park
・アクセス:日本から飛行機で約12時間。シカゴ・オヘア国際空港から市街地まではバス・電車で30分~1時間程度。会場となるグラントパークは、アダムス/ウォーバッシュ駅から徒歩5分。
・スケジュール:8月上旬(2019年は8月1日~4日)
・最近の出演アーティスト:The Weeknd, Bruno Mars, Jack White, Arctic Monkeys, Travis Scott, Chance The Rapper, The Killers, Muse, Arcade Fire
・滞在スタイル:都心で開催されるため、会場の近くには多くのホテルが立ち並んでいる。ただしフェス期間中は値段も高く予約も取りづらいので、なるべく早めに宿を押さえよう。
・チケット:3月にチケットが販売開始となる。4日通し券より、人気のヘッドライナーの1日券が売り切れになる可能性が高い。会場近くの宿泊先とチケットがセットになったホテルパッケージもある。
・公式サイトURL:www.lollapalooza.com

 

全米屈指の音楽都市で今年は誰に出会える!?

ブロードウェイミュージカル『シカゴ』で知られるように、シカゴは音楽の街として有名で、シカゴ・ジャズやシカゴ・ブルースといった独自のジャンルも存在する。

またヒップホップシーンも活況で、KanyeWest、Common、Chance The Rapperらがシカゴ出身。そのなかでもロラパルーザとの関わりが深いのは…

\続きは書籍でチェック!/

 

After movie / アフタームービー

こちらのアフタームービーは2017年と2018年のもの。動画で臨場感を味わってみよう!

 

TOWN GUIDE / タウンガイド

ブルース、ジャズ、ヒップホップの街

photo by 「THE WORLD FESTIVAL GUIDE」より

ブルースやジャズ、そして最近ではヒップホップの街として有名なシカゴには、音楽を楽しめるスポットがたくさん。ブルース界の大御所BuddyGuyが経営するクラブ「Buddy Guy’s Legend」はフェス会場のすぐ近く。

本場のシカゴ・ブルースを味わえるほか、Buddy Guy愛用のギターや衣装も展示されている。また、地元を代表するレコード店「Reckless Records」も会場の近くにあるので、お気に入りの1枚を記念に購入してみよう!

 

その他のピックアップ情報は書籍でチェック!

・超個性的なシカゴグルメ / ホットドッグ他
・アーティストも愛する地元の野球チーム / リグレーフィールド

 

「THE WORLD FESTIVAL GUIDE」で世界のフェスを楽しもう!

photo by 「THE WORLD FESTIVAL GUIDE」より

本記事の内容は、津田昌太朗さん著書「THE WORLD FESTIVAL GUIDE」に掲載されています。フェス×旅に魅せられて100を越える海外フェスに参加し、フェスティバルに人生を注いだ著書の熱意と人生が詰まった一冊。ページ数は180Pにもおよび、掲載フェス数はなんと121ステージ!

音楽が好きな方はもちろん、海外フェス経験がない方も思わず魅せられてしまう盛りだくさんな内容になっています!次の旅先の参考に、ぜひ手にとってみてくださいね!

 

書籍刊行記念トークイベントのご案内

『THE WORLD FESTIVAL GUIDE 海外の音楽フェス完全ガイド』の刊行を記念して、津田さんと編集担当の伊澤慶一さんのトークイベントが開催されます。当日は、本書の制作秘話や最新のフェス情報などをたっぷりお話しされる予定。ぜひぜひご参加ください!

■イベント概要
・日程:5月23日(木)19:30~21:00(19:15開場)
・場所:代官山蔦屋書店1号館2階イベントスペース
・定員:先着60名
・参加条件:書籍『THE WORLD FESTIVAL GUIDE』+イベント参加券のセット(3,000円/税込)もしくは イベント参加券(2,000円/税込) を購入された方
・申込方法:代官山蔦屋書店の店頭(代官山蔦屋書店3号1階レジカウンター)もしくはオンラインストアからお申し込み可能です。
Pocket はてブ

WRITER

キタトモミ
旅する愛犬家
*TABIPPO 専属ライター*​ 東京都出身、大自然に憧れるギャップ系女子。「1度きりの人生、世界を見てから死にたい!」という想いから20歳で初めての海外旅行へ。2ヶ国目のタイではタクシーで爆睡…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

EVENTイベント情報

TABIPPOでは、全国で毎週「旅」をテーマにしたイベントを主催していますので、ぜひお気軽に足を運んでみてくださいね ♪

旅大学のWEBサイトを見る

GOODS旅に出たくなる商品

TABIPPOのモノづくりブランドPAS-POLでは、あなたにオススメな「旅グッズ」をたくさんご用意していますので、 ぜひチェックしてみてくださいね♪

オススメの旅グッズを全て見る

RANKINGカテゴリーランキング

イベント

FEATURED特集

特集一覧へ

EVENTイベント情報

GOODS旅に出たくなる商品