3週間で英語力は伸びるのか?英語初心者のフィリピン留学体験談

Pocket はてブ

こんにちは!TABIPPOインターンのあすかです!私は高校生の時に春休みを利用しフィリピンへ短期留学をしました。短い期間でしたが、英語はもちろん他にもたくさんのことを学んだ3週間でした。

そこで今回は、そんな語学学校での生活や授業内容、休日の過ごし方などをご紹介します!

 

語学学校情報

idea-cebu

photo by IDEA CEBU

留学地域:セブ
学校名:IDEA CEBU
資本:日本資本
スパルタ度合い:セミスパルタ
部屋:4人部屋

*wifiは共同スペースでのみ使用可能(部屋のなかでは使えません)
*門限は(月)~(木)20:00  (金)(土)(日)23:00
*23:00まで自習室開放
*学校内にカフェ・売店あり
*月に1回学校内でイベントあり

 

1日のタイムスケジュール

shutterstock_115746919

photo by shutterstock

 

平日は毎日7 時から単語テストがあるので、早寝早起きのとても規則正しい生活を送っていました。

夜は義務自習時間もあり、1日中みっちり勉強することができます。

6:00 起床
7:00~7:20 単語テスト
7:30~8:00 朝食
8:10~12:00 授業
12:00~13:00 昼食
13:00~16:50 授業
18:00~19:00 夕食
20:00~22:00 自習 (月~木)
23:30 就寝

▶︎単語テストは前日に渡される15個の単語リストをしっかり自習し、翌朝に15問のテストを受講します。

各レベル別に合格ラインが設定されており、不合格の場合はその日の外出は不可となります。

 

▶︎20:00~22:00までの2時間は義務自習時間として、学内に滞在しなければなりません。

この時間の間は学内で大きな声で話したりせず、お部屋、自習室、テラスカフェ等で、過ごします。多くの生徒はこの時間に宿題やその日の復習をしたり、次の日の単語テストの勉強をします。

 

授業内容

IMG_3931

photo by Asuka Ikeda

IDEA CEBUでは一般英語コースが4種類あり、様々なニーズに対応してコースが選べます。私は大学受験前ということもあり、短期間でTOEICの点数をあげたかったので7コマ中6コマがTOEICクラスのコースでした。

TOEICの授業ではスコア900点以上の先生がマンツーマンで問題一つ一つのポイントや解き方のコツを教えてくれて、毎日模擬テストを受け実践していきます。また、IDEA CEBUではSpeakingやListeningなどの普通の授業に加え、YOGAやDANCEといったアクティビティを通して楽しみながら英語を学ぶ「アクティビティクラス」があります。

 

放課後・休日の過ごし方

IMG_7347

photo by Asuka Ikeda

【平日】
授業後にも義務自習時間があったため自由時間は少なかったですが、夕食後にみんなで大量にマンゴーを買ってマンゴーパーティーをしたり、先生達と一緒にトランプをするなどして過ごしていました。

1 2
Pocket はてブ

WRITER

池田明日翔
池田明日翔
明治大学経営学部/TABIPPO2016大阪スタッフ/TABIPPO2017東京スタッフ/ディズニーと空港を愛する女子大生バックパッカー/フィリピン留学を2回経験したことから、現在はTABIPPO…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

RANKINGカテゴリーランキング

フィリピン留学 情報まとめ

FEATURED特集

特集一覧へ