writer
阿部サキソフォン TABIPPO編集部 / ライター

高橋歩さんの「BELIEVE YOUR トリハダ」という言葉に影響を受け、自身も人の心を動かせる仕事をしたいと決心。サックスとジャズへの愛が止められず、メンフィスとニューオーリンズを訪れたことから旅に目覚める。好きなものはお酒といちご。

アメリカ横断27日目。私たちはノースカロライナ州を走行していますが、13日前には、ニューメキシコ州のホワイトサンズ国定公園におりました。ほんの数日前のことなのに、ずいぶん昔のことのようにも感じます。

真っ白な砂丘で、この旅で進めている「アメリカ横断でやりたい66のこと」企画のうちの1つ、「ホワイトサンズでビーチフラッグ」をやってきました!

ホワイトサンズとは?


photo by ruimaeda

ホワイトサンズは、ニューメキシコ州南部にある世界最大の石膏砂丘。白い風紋が美しく刻まれており、空の青、地面の白、の2色の世界が広がります。

しかし、私たちが訪れた日はあいにくの曇り空。雨雲も近づいていたので、急いで企画を進めます。空が青かったのはこの一瞬だけで、その後だんだんと暗くなっていきました……。

フラッグはコーラに変更


photo by keisuke hayakawa

ビーチフラッグとはいっても、ビーチではなく砂丘だし、フラッグはないのでコーラで代用します(この旅でみんなコーラやスプライトなど炭酸ジュースを飲みまくりです)。写真撮影は、今回の専属カメラマン(と勝手に呼んでいる)けいすけお兄さんに依頼。

ちなみにこの企画は、「カラカラに乾いた砂漠の中で希望の光ともいえるキンキンに冷えたコーラを発見し一番早く走って手に取った人だけが飲むことができる」という設定のもと行います。

男子メンバーの前田と長沼2人はハンデとして、水を入れたバックパックを背負って勝負に挑みました。

早くコーラが飲みたいっ


photo by keisuke hayakawa

左から順に、伊達、長沼、阿部、前田の4人。今から闘志をバチバチと燃やしています。「フライングとか無しですよ?」「妨害もしないでくださいね」などと確認し合う私たち。

デスバーガー対決サブウェイで下克上など、やたらと勝負することが多いですが、普段は仲良く仕事をしているのでご安心ください。


photo by keisuke hayakawa

コーラの上にGoProを設置して、映像の準備も万端です。

位置について


photo by keisuke hayakawa

後ろを向き、うつ伏せになってスタンバイ。さあ、冷えたコーラで喉を潤すことができるのは誰なのか……!(右上には同行者のかなさんがチラ見えしていますね)

よーい、ドンッ!!!


photo by keisuke hayakawa


photo by keisuke hayakawa


photo by keisuke hayakawa


photo by keisuke hayakawa

writer
阿部サキソフォン TABIPPO編集部 / ライター

高橋歩さんの「BELIEVE YOUR トリハダ」という言葉に影響を受け、自身も人の心を動かせる仕事をしたいと決心。サックスとジャズへの愛が止められず、メンフィスとニューオーリンズを訪れたことから旅に目覚める。好きなものはお酒といちご。

RELATED

関連記事