なまはげに会いに行ける!男鹿半島の観光スポット30選

Pocket はてブ

秋田県にある男鹿半島。男鹿半島といえば、ある伝統行事が思い浮かぶと思います。そうなまはげです。このなまはげのインパクトが大きいですが、その他にもびっくりするぐらい素敵な観光名所が男鹿半島にはたくさんあります!

では、男鹿半島の観光スポットを30選ご紹介していきましょう。

 

1.なまはげ立像(男鹿総合観光案内所)

男鹿半島の入り口にある男鹿総合観光案内所のシンボルは、2体の巨大ななまはげ立像。15mにおよぶ大きさであり、遠くから見ても存在感は一目瞭然です。館内では観光相談はもちろん、パソコンなどを使って男鹿半島の観光スポットについて調べることができます。

また、軽食コーナーでは、しょっつるラーメン、ハタハタ丼などのご当地ものも食べられます。一番のおすすめは「名物わかめ昆布ソフトクリーム」。どんな味かはご自身で試してくださいね。

■詳細情報
・名称:男鹿総合観光案内所
・住所:男鹿市船越字一向207-219
・アクセス:JR船越駅から徒歩約30分または車で約6分
・営業時間:9:00~18:00
・定休日:年中無休
・電話番号:男鹿市船越字一向207-219
・料金:無料
・公式サイトURL:https://www.oganavi.com/info_center/sougou/

 

2.なまはげ館

kurokumafさん(@kurokumaf)がシェアした投稿 – 2015 8月 16 6:05午前 PDT

なまはげの名前を知っている人はいるけど、実際どんな民事行事だがご存知でしょうか?なまはげ館は皆が思っているなまはげについての「なぜ?」を教えてくれる資料館です。なまはげについて多くの資料が揃っています。

そのほか男鹿の各地区で使われていた多種多様ななまはげの面を展示しているコーナーや、本物の衣装を着られる変身コーナーなどがあります。男鹿半島の中でも人気の観光スポットですので見逃せません。

■詳細情報
・名称:なまはげ館
・住所:男鹿市北浦真山字水喰沢
・アクセス:JR羽立駅から車15分
・営業時間:08:30~17:00
・定休日:年中無休
・電話番号:0185-22-5050
・料金:大人540円、小~高校生270円
・公式サイトURL:https://www.namahage.co.jp/namahagekan/

 

3.男鹿真山伝承館

なまはげ館に隣接している施設「男鹿真山伝承館」は、なまはげ行事が体感できる施設なんです!施設は男鹿地方の伝統的な曲屋(まがりや)民家なので雰囲気もばっちり。

伝統的な民事行事かつ、国指定重要無形民俗文化財でもあるなまはげの体験ができるなんてとても貴重なことです。男鹿真山伝承館もなまはげ館と一緒に立ち寄りましょう!

■詳細情報
・名称:男鹿真山伝承館
・住所:男鹿市北浦真山字水喰沢
・アクセス:JR羽立駅から車15分
・開講時間:4月~11月9:00・9:30・10:00・10:30・11:00・11:30・13:30・14:00・14:30・15:00・15:30・16:00・16:30
12月~3月の土日祝日および12月31日9:30・10:30・11:30・13:30・14:30・15:30
※1/1・2は9:00・9:30・10:00・10:30・11:00・11:30・13:30・14:00・14:30・15:00・15:30・16:00
・定休日:上記参照
・料金なまはげ館との共通券:4月~11月大人864円、小中高校生540円
12月~3月大人1,080円、小中高校生756円
・公式サイトURL:https://www.namahage.co.jp/namahagekan/denshokan.php

 

4.真山神社

mikiさん(@m_0818leo)がシェアした投稿 – 2017 3月 4 12:48午前 PST

なまはげ館や男鹿真山伝承館から奥に進むと真山神社が見えてきます。毎年2月第2金曜~日曜に行われる「なまはげ柴灯まつり」は、新聞社の訪れてみたい冬まつりで2位を獲得するほど人気があります。

境内にある樹齢1.000年の榧(かや)の木は県指定天然記念物であり、慈覚大師の手植えと伝えられています。神社自体が木々に囲まれ、ゆっくりと静かに過ごせる神社です。

■詳細情報
・名称:真山神社
・住所:秋田県男鹿市北浦真山字水喰沢97
・アクセス:JR羽立駅から車15分
・営業時間:8時30分~17時30分
・定休日:年中無休
・電話番号:0185 -33-3033
・料金:境内無料
・公式サイトURL:http://www.namahage.ne.jp/~shinzanjinja/

 

5.真山の万体仏

photo by pixta

真山神社に向かう参道にあるお堂。見逃しがちですが、ここも忘れずに訪れたいスポットの一つです。

「真山の万体仏」または「万体仏」と呼ばれる小さなお堂の内部一面に「木彫りの地蔵」が13.000体並べられています。まさしく圧巻の光景です。

■詳細情報
・名称:真山の万体仏
・住所:北浦真山字白根坂台134
・アクセス:JR羽立駅から車15分
・電話番号:0185-23-2111
・参考サイトURL:https://www.oganavi.com/spot/45.php

 

6.里暮らし体験塾

Masako Itoさん(@sena.yama)がシェアした投稿 – 2016 11月 4 10:49午後 PDT

里暮らし体験塾ではなまはげ行事だけでなく、この地区の大切な伝統文化を地元住民たちとコミュニケーションを取りながら体験できる施設です。

体験内容は四季折々の暮らしによって変化し、農作業・麹や味噌作り・伝統食作り・裁縫などができるそうです。きっといい思い出になるはずです!

■詳細情報
・名称:里暮らし体験塾
・住所:秋田県男鹿市北浦真山字水喰沢 なまはげ館となり
・アクセス:JR羽立駅から車15分
・営業時間:なまはげ館と同じ
・定休日:なまはげ館と同じ
・電話番号:0185-22-5050(なまはげ館)
・料金:なまはげ館の入館料に含まれる
・公式サイトURL:https://www.namahage.co.jp/sato/

 

7.男鹿水族館GAO

男鹿半島でもっとも人気がある観光スポットの一つである「男鹿水族館GAO」。水族館の目玉は約40種類2000匹の魚が泳ぐ「男鹿の海大水槽」です。水量80トン以上の水槽はとても迫力があります!

秋田県魚のハタハタを通年展示している唯一の水族館であり、日本海の海際にあるというロケーションの良さから景色の良いレストランも人気です。

■詳細情報
・名称:男鹿水族館GAO
・住所:秋田県男鹿市戸賀塩浜
・アクセス:秋田空港から車で1時間30分または秋田エアポートシャトルで2時間
またはJR男鹿駅からなまはげシャトルで1時間
・営業時間:09:00~17:00(最終入館30分前)
※季節によって変動あるため公式サイトで確認要
・定休日:2017年1月30日~2月3日※2018年以降未定
・電話番号:0185-32-2221
・料金:おとな1.100円、こども400円
・公式サイトURL:http://www.gao-aqua.jp/index.html

 

8.なまはげオートキャンプ場

@mamiba723がシェアした投稿 – 2015 8月 14 8:27午後 PDT

近隣になまはげ館や男鹿水族館GAOなど、見どころが多い場所にある「なまはげオートキャンプ場」。男鹿半島の観光の拠点としても利用でき、キャンピングカーサイト、テントサイト、コテージサイトなど、多くあるので便利です。

また日帰りでも利用可能なので、広々とした緑豊かな空間でバーベキューをした後、隣接している日帰り温泉施設で旅の疲れを癒すこともできます。

■詳細情報
・名称:なまはげオートキャンプ場
・住所:男鹿市北浦北浦字平岱山地内
・アクセス:JR男鹿駅から車で約20分
・営業期間:4月上旬~11月下旬 ※コテージのみ通年
・定休日:期間中は年中無休
・電話番号:0185-22-5030
・入場料:大人400円、小・中学生200円※施設使用料別途
・公式サイトURL:http://www.namahage.co.jp/camp/

 

9.ゴジラ岩

Yukiko Kさん(@snow_kdu)がシェアした投稿 – 2017 2月 4 3:10午前 PST

CMのロケ地としても有名な「ゴジラ岩」。名前の由来はゴジラの形をしているからという理由ですが、本当にそっくりですよね。

昼間の景色も良いですが、おすすめは晴れた日の夕方。夕陽がゴジラの口元に落ちた瞬間がシャッターチャンスです!

■詳細情報
・名称:ゴジラ岩
・住所:秋田県男鹿市船川港小浜
・アクセス:JR男鹿駅から車で約18分
またはJR男鹿駅から秋田中央交通バスで「帆掛島」下車、徒歩5分
・参考サイトURL:https://www.oganavi.com/spot/69.php

 

10.五風なまはげ太鼓ライブ

morino🍀さん(@nrm0724)がシェアした投稿 – 2016 8月 25 8:50午前 PDT

秋田の奥座敷と言われる男鹿温泉にある「男鹿温泉交流会館 五風」。ここでしか体感できない人気公演「なまはげ太鼓」が見られます。

なまはげ太鼓とは、国指定重要無形民俗文化財でもあるなまはげ行事と「和太鼓」を組み合わせた男鹿半島の新たな郷土芸能です。聞くだけでもワクワクしてしまう、このダイナミックで情熱的なパフォーマンスの公演をぜひ見に行きましょう。

■詳細情報
・名称:五風なまはげ太鼓ライブ
・住所:秋田県男鹿市北浦湯本字草木原21-2(会場場所:男鹿温泉交流会館 五風)
・アクセス:JR男鹿駅から車で約23分または
・開演時間:2017年は04月22日~11月11月
・定休日:第2・第4月曜日、竿灯期間中の8/3~8/6
・電話番号:0185-33-3191
・料金:大人540円、小学生250円、幼児無料※毎週金・土曜日は無料
・公式サイトURL:http://e-ogaonsen.com/taiko/

 

11.入道崎

男鹿半島の西北端にあり、男鹿半島の代表的な観光スポットである入道崎。草原の緑と碧い海、空のコントラストがとても美しく見える景勝地です。近くには日本の灯台50選にも選ばれた入道崎灯台もあります。

また、入道崎は日本の夕陽百選にも選ばれた夕陽の絶景ポイントでもあります。夕陽の時間帯は多くの人が訪れ、昼夜どちらも訪れてみたい名所です。

■詳細情報
・名称:入道崎
・住所:秋田県男鹿市北浦入道崎字昆布浦
・アクセス:JR羽立駅から秋田中央交通バス入道崎終点、徒歩3分
・営業期間:灯台は4月下旬~11月上旬9:00~16:00
・定休日:灯台は上記営業期間以外は休業
・電話番号:018-845-1624
・料金:大人200円、、小学生以下無料(灯台資料展示室)
・参考サイトURL:http://www.ogakk.or.jp/spot/nyudo.php

 

12.八望台

男鹿半島一の素晴らしい光景が見られる八望台。戸賀湾や火山湖の一ノ目潟、二ノ目潟、寒風山など、八方どこを見ても美しい眺望です。

なお、入道崎と同様に八望台も夕陽の鑑賞スポットです。日本海に沈む夕陽の美しさは最高です!

■詳細情報
・名称:八望台
・住所:秋田県男鹿市戸賀
・アクセス:男鹿駅から車で約30~40分
・電話番号:0185-24-9141
・参考サイトURL:http://www.ogakk.or.jp/spot/nyudo.php

 

13.大瀑

もーさん(@clipper814)がシェアした投稿 – 2016 5月 5 12:10午前 PDT

八望台から車で約4分ほどの入口から、徒歩で約30分ぐらいの場所にある大瀑(おおたき)。緑生い茂る静かな空間で岩肌から水が落下している様はとても神秘的です。

別名「桜の滝」ともいわれ、江戸後期の旅行家・菅江真澄も訪れた場所です。往復1時間の散策ですが、ぬかるみなどもあるので、汚れても良い歩きやすい靴で行きましょう。

■詳細情報
・名称:大瀑
・住所:秋田県男鹿市北浦西水口
・アクセス:八望台またはなまはげオートキャンプ場から車3~4分で入口
・電話番号:0185-24-9141
・参考サイトURL:https://www.oganavi.com/spot/89.php

 

14.戸賀湾(戸賀海水浴場)

@chimney2530がシェアした投稿 – 2016 6月 7 2:45午前 PDT

夕陽の名所でもある戸賀湾。湾内の波はとても静かで、子供が遊ぶときも安心です。透明度も高いことから夏は海水浴場として賑わいます。

実は戸賀湾は一ノ目潟や二ノ目潟と同じく、火山活動によってできたと言われ、その昔は四ノ目潟とも呼ばれていたそうです。

■詳細情報
・名称:戸賀湾(戸賀海水浴場)
・住所:秋田県男鹿市戸賀
・アクセス:JR男鹿駅から車で約30分
・シーズン:海水浴場は7月中旬~8月下旬
・参考サイトURL:http://www.ogakk.or.jp/spot/west.php

 

15.赤神神社五社堂

Natsumiさん(@nattu_nn)がシェアした投稿 – 2016 10月 2 5:37午前 PDT

1 2
Pocket はてブ

WRITER

inagakian
inagakian
旅が好きで旅行会社に入り、それまで国内派だったのに海外旅行課に配属され海外にハマる。 会社に入るまで2ヵ国しか行った事がなかったのに、いつの間にか35ヵ国以上訪れる事に。もちろん並行して国内旅行…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

FEATURED特集

特集一覧へ

RANKINGカテゴリーランキング

秋田観光のおすすめスポット一覧