編集部
樋口 佑樹 ディレクター

『周りを幸せにする誰かのやりたいを実現する』という個人理念を掲げて、クリエイティブとコーチングをテーマに活動中。2022年には現在は、原チャリで日本を縦断しながら、地域を盛り上げる人たちに出会う「ひぐの出会い旅」を敢行中。 旅中のトラブルなど、鉄板のエピソードトークがあることに憧れ続けて早7年。好きなものは珈琲と旅とカメラ。

こんにちは、TABIPPOマーケティングチームです。本記事は旅好きの若年層向けにプロモーションをしたいという企業様や地方自治体、海外政府観光局の方に向けたものです。

弊社株式会社TABIPPOでは「旅で世界を、もっと素敵に」という理念を掲げて、20-30代のミレニアルズに向けてプロモーションをしたいという様々なパートナー企業様と、イベントでのプロモーションやTABIPPO.NETでのタイアップ記事広告、トラベルインフルエンサーを巻き込んだ施策といった形でコラボレーションしています。

今回は、その中でも1番最初にご導入いただく機会が多い、WEBメディア「TABIPPO.NET」のタイアップ記事広告についてご紹介いたします。2022年9月時点でこれまでに実施した事例を、ポイントとともに公開いたしました。貴社のマーケティング活動にてご検討いただければと思います。

TABIPPO.NET タイアップ記事広告とは

TABIPPO.NETは「これからの時代の多様な旅を共創する。」というコンセプトを掲げた日本最大級の旅の総合WEBメディアです。毎月50本程度の記事を配信して、約200万人の読者が毎月サイトを訪れてくれています。

そんなTABIPPO.NETも使いやすさの改善などを目的に、2020年リニューアルを実施。リニューアル後は、20-30代のミレニアルズにとって価値のある、楽しい旅、学びのある旅、刺激的な旅など「多様な旅」の提案を、ストーリーと共に発信しています。

マーケティングチームでは、プロモーションをしたいパートナー企業様とタイアップして、ターゲットユーザーに「伝わる企画」「効果的な企画」をご提案します。企画から制作、プロモーションを一式として、タイアップ記事広告を制作しますので、初めてのご出稿もご安心ください。

タイアップ記事広告のご相談はこちら

配信媒体(メディア)の特徴

TABIPPO.NETでは、タイアップ記事広告においても、以下の運営方針をブラすことなく、記事制作を行っています。

①旅と若者からブレない。
TABIPPOの理念を実現するために、「旅」からブレず、20-30代のミレニアルズ向けに、メディア運営を行っています。

②人と物語が見えるコンテンツで、ポジティブに人の心を動かす。
誰が言っているかが大切な時代において、原体験を軸としたコンテンツで、ポジティブに人の心を動かします。

③レジャーや消費としての「旅」だけでなく、新しい視点で多様な「旅」の価値を提案する。
楽しい旅で旅を広めていくだけではなく、コンテンツの幅を広げて多様な「旅」のスタイルを提案することに挑戦し続けます。

コンテンツは編集部メンバーを中心に、クオリティを担保した制作を行っています。2022年現在は『灯台もと暮らし』創刊編集長を務め、書籍『移住女子』などを出版した伊佐知美を編集長に迎え、ストーリーのあるコンテンツづくりにより一層力を入れています。
記事の形式は多岐に渡りますが、「取材型コンテンツ」「対談型コンテンツ」「インフルエンサー連動型コンテンツ」「キャンペーン型コンテンツ」などのスタイルがあります。ご希望に合わせたプランが見つかることも、TABIPPOタイアップ記事広告の特徴です。

タイアップ記事広告のご相談はこちら

a) 取材・体験記事

タイアップ記事広告の中でもっとも多いのが取材記事。TABIPPOが厳選したトラベルライターやカメラマンが現地取材を行い、記事を制作いたします。

a-1.株式会社グリーンズ様

項目 内容
タイトル 《特集》飛騨高山で地域とつながるGOOD LOCALな旅
クライアント 株式会社グリーンズ様(長野県飛騨高山)
カテゴリ ホテル・宿泊業

▼ポイント
①3記事に渡ってホテルの魅力を多角的に伝える記事構成
②ホテルの利用だけでなく、飛騨高山への旅行需要を喚起するストーリー
③カメラマン同行のもと現地取材を行う高品質なクリエイティブ

▼説明文
新ブランド「hotel around」の1号店となるライフスタイルホテル『hotel around TAKAYAMA』が飛騨高山にオープンするにあたってプロモーションを担当。旅の経験が豊富なトラベルライターが、独自の視点で魅力を切り取ります。

実際に現地に訪れた上で、その土地の魅力をメディアで表現する。まさにTABIPPOアイタップ記事広告の醍醐味です。アイキャッチなどのクリエイティブも高いクオリティで納品まで責任持って取り組みます。

▼記事URL
https://tabippo.net/hotel-around-takayama-1/
https://tabippo.net/hotel-around-takayama-2/
https://tabippo.net/hotel-around-takayama-3/

a-2.株式会社地方創生様

項目 内容
タイトル “好きがコトひらく町”香川県琴平町で新たな旅と自分を再発見!
クライアント 株式会社地方創生様(香川県琴平町)
カテゴリ 地域コンサルティング

▼ポイント
①ミレニアルズに刺さる訴求軸の発掘
②モニターツアー・Web制作と連動したプロモーション企画
③人を起点とした企画で高いエンゲージメント&UGCの発生

▼説明文
香川県琴平町では「一生に一度はこんぴら参り」で有名な金刀比羅宮に依存した観光体制でした。しかし、金刀比羅宮はシニア層をターゲットとした観光資源。若年層の誘致に課題感をもっていたタイミングで、TABIPPOが企画・プロデュースから参加。

熱量の高い現地の事業者が資源であるという切り口のもと、人との出会いにフォーカスをしたモニターツアーと特集記事を企画しました。人との繋がりが生まれることで、エンゲージメントの高い取り組みになった事例です。

複合施策全体の結果としては、800件を超えるUGCが発生。高い話題性を生み出し、若年層と観光地の繋がりはいまだに続いています。

▼記事URL
https://tabippo.net/kotohira/
https://tabippo.net/kotohira-report/
https://tabippo.net/kagawa-kotohira/

a-3.のりくら観光協会様

項目 内容
タイトル 信州・乗鞍高原 リトリート型ワーケーション
クライアント のりくら観光協会様(長野県松本市)
カテゴリ 観光協会

▼ポイント
①ミレニアルズに刺さる訴求軸の発掘
②体験に基づいた感情に訴えかけるコンテンツ
③カメラマンが現地同行した高品質のクリエイティブ

▼説明文
視察時の体験談を記事化することで、リアリティをもったコンテンツに仕上げました。また、写真撮影もTABIPPOで担当。圧倒的な大自然をハイクオリティな写真を活用して訴求することで、モニターツアーの応募者数増加にも寄与しました。(20名の参加定員に対して、200名を超える応募者)

旅×写真の相性の良さが際立つ記事となっているので、自然を活かしたコンテンツ制作をご希望の自治体や企業様はお気軽にご相談ください。

▼記事URL
https://tabippo.net/norikura-workation01/
https://tabippo.net/norikura-workation02/
https://tabippo.net/norikura-workation03/

b) 対談・座談会

TABIPPOキャスティングのもとで、対談や座談会のコンテンツも制作いたします。ストーリー性のあるコンテンツ制作や、魅力をさまざまな角度から発信する際にオススメのスタイルです。

b-1.JICA様

項目 内容
タイトル もう一歩踏み込んで世界を感じよう!JICA海外協力隊だからこそ得られたオンリーワンの海外体験とは?
クライアント JICA様
カテゴリ その他 – 政府開発援助(ODA)実施機関

▼ポイント
①JICAの活動内容がストーリー仕立てで伝わる対談企画
②TABIPPOネットワークを活かしたキャスティング
③読みやすさを意識した対談記事のフォーマット・UI

▼説明文
開発途上国の人々のために貢献したいという方を募集し、選考、訓練を経て派遣するというJICA海外協力隊事業を展開するJICA様。JICA海外協力隊の認知を、正しい理解と共に広げていくことを目的に記事制作を担当しました。

対談中の撮影もTABIPPOで担当しており、ストーリーを大事にしながら、読者への理解度促進をしていきたいというクライアント様にピッタリの形式となっています。

▼記事URL
https://tabippo.net/jica-02/

b-2.マレーシア政府観光局様

項目 内容
タイトル みんなと一緒に探したい!マレーシアの魅力ってなんだろう?旅好き6名のマレーシア座談会
クライアント マレーシア政府観光局様
カテゴリ 海外政府観光局

▼ポイント
①ユーザーインサイトに基づいた企画力
②TABIPPOネットワークを活かしたキャスティング
③座談会形式により多角的な魅力を伝える記事フォーマット

▼説明文
マレーシアは、ご飯が美味しい、建築物が綺麗、ジャングルや貴重な動植物などたくさんの魅力があるにも関わらず「これ」といった代名詞がないことを課題に感じていたマレーシア政府観光局様。

記事制作コンテンツでは、TABIPPOが企画からプロデュース。たくさんの魅力があることをむしろ逆手にとって、多角的に魅力を伝えるべく旅好きの座談会をセッティングしました。

▼記事URL
https://tabippo.net/malaysia-symposium/
https://tabippo.net/malaysia-symposium-2/

タイアップ記事広告のご相談はこちら

編集部
樋口 佑樹 ディレクター

『周りを幸せにする誰かのやりたいを実現する』という個人理念を掲げて、クリエイティブとコーチングをテーマに活動中。2022年には現在は、原チャリで日本を縦断しながら、地域を盛り上げる人たちに出会う「ひぐの出会い旅」を敢行中。 旅中のトラブルなど、鉄板のエピソードトークがあることに憧れ続けて早7年。好きなものは珈琲と旅とカメラ。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング